若年者のピロリ菌感染


3月に入り、「胃痛」「胃もたれ」「食後の張り」といった胃の不調を訴えられた30代の方の胃カメラ検査が立て続きました。30代のピロリ菌感染は、20~30%台との報告ですが、最近では珍しく胃潰瘍を伴った方もおられ全員がピロリ菌感染陽性で、全員一次除菌開始となりました。
幼少時期に感染すると言われ、30年前としても日本の衛生環境も悪くない年代ですが
感染ルートは不明で(ご両親の感染ない方も多く)若年者のピロリ菌感染が、多く見られることがあります。除菌治療は、若年ほど効きやすいので、胃カメラで早く確定診断してから治療開始をお勧めします。





DDまっぷ ドクターブログ 一覧