胸のつまり感


ピロリ菌除菌後、慢性胃炎O-Ⅱ 腸上皮化生(++)の方で、ピロリ菌除菌成功後でも慢性胃炎の状態がある程度進んでいますので、年1回の胃カメラ定期観察が推奨されています。

いつも1年に1回のペースで経過観察を行っていましたが、除菌後、調子よく過ごされていましたが、最近飲みこむときに胸あたりのひっかかりが出てきたということで約7ヶ月遅れての胃カメラ検査となりました。

今回の胃カメラ検査では、胃食道接合部近くに早期食道ガンが見つかり、連携病院にてESD(粘膜剥離術)が行われ無事退院されました。食道ガンは、胃ガンと比べ日本ではまだ少ないですが、進行は胃ガンより早い為、より早期の発見が必要です。

胸のつかえ、違和感といった症状があれば、胃カメラ検査では、食道から胃、十二指腸と観察していきますので、より多くの病気を見つけることができますのでお勧めいたします。





DDまっぷ ドクターブログ 一覧