トイレがいつも気になる


30代男性、20代より軟便気味で1日3回以上の排便。出勤前、仕事中に急にトイレに行きたくなることが続いていました。健診結果はいつも便潜血(-)でしたが、気になるため、今回大腸検査を希望して来院されました。

大腸カメラ検査の結果、Ⅰp径20㎜近くのポリープが見つかり、大きさから連携病院にてポリープ切除(腺腫)を行いました。

他に病変がなく、日常のトイレが気になる排便状態などは、過敏性腸症候群(IBS)に該当しますが今回のように、大腸カメラで若い方でも切除対象となる大腸ポリープが見つかるケースがあります。欧米の食生活スタイルで増加傾向にある大腸癌の予防になりますので、便潜血(-)でも何らかの症状があれば大腸カメラ検査をお勧めします。





DDまっぷ ドクターブログ 一覧