当院が「マンモグラフィ検診画像認定施設」に!

当院が「マンモグラフィ検診画像認定施設」と認められました

施設認定

「マンモグラフィ検診画像認定施設」とは、日本乳がん検診精度管理中央機構によって撮影装置の性能や実際に撮影された写真などを客観的に評価され、検診に必要とされる基準を満たしていると認められた施設です。

精度の高いマンモグラフィ検診を受けるためには、撮影装置だけでなく、撮影を行う技師、撮影された画像を診る医師も重要です。
当院には日本乳がん検診精度管理中央機構によって認められた「検診マングラフィ読影認定医師」、「検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師」がいます。

乳がん罹患数は年々増加傾向にありますが、早期発見して適切な治療を受ければ治すことができる病気です。
40歳になったら2年に1度のマンモグラフィ検診が勧められています
早期発見のためにも、ぜひマンモグラフィ検診をご検討ください

笑えない性病 「クラミジア」 のはなし

関西ウーマンで当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『クラミジア』です。

クラミジアは近年ではありふれた性病として周知されていて、多くの場合は症状がほとんどないか、症状があってもごくわずかのため自覚しにくいのですが、実はとても恐ろしい性感染症です。

続きはこちら↓
藤田由布さんのコラム【婦人科医の言いたいこと】
https://www.kansai-woman.net/Column201696.html

————————————————————————————————————————————–

「大阪なんばクリニック」の婦人科は、女性医師のみで診療させて頂いております。おりもの異常、生理痛から更年期障害まで最先端の治療を取り入れながら、どんな些細なお悩みでも真摯に対応します。おりものが少し増えたり、軽い生理痛のような痛み、不性器出血など心当たりのある方はお気軽に婦人科でご相談ください。身近な性病なので、全く恥ずかしく思う必要はありません!

婦人科藤田先生が女性のためのセミナーで講演します

当院婦人科医長 藤田医師が【女性限定】女性のための健康セミナーで講演します

テーマは「ウイルス感染に負けない!」で、生理痛や婦人科のウイルス感染対策について講演予定です。

藤田医師はとても気さくで、どんな些細なお悩みにも真摯に答えてくれます

お気軽にお越しください

無題女性のための健康セミナー

【開催日時】2020年8月29日(土)13:00~14:30

【会場】なんばスカイオ19階 りそな銀行難波支店セミナールーム

病気が治っても消えないのが「慢性痛」 悩む前に受診を

ヨミドクターで当院ペインクリニック内科医長 森本昌宏医師のコラムが公開されました

テーマは「慢性痛」です。ぜひご覧ください

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200707-OYTET50000/?catname=column_morimoto-masahiro

慢性痛の原因はひとつではなく、さまざまな病因が組み合わさっていることが多くあります。

元来の痛みに加え、不安や恐怖などの心理的因子が、その病態をさらに複雑なものにしていることもあります。

また、患者さんの性格や生活歴によっても、訴える痛みの程度に違いがあることが、診断や治療法の選択を難しくしています。

当院ではペインクリニック内科の診療に加え、心理士による心理療法も行っています。

慢性痛をかかえて不安感にさいなまれている方、まずはペインクリニックを受診されてはいかがでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森本医師のコラムは毎月第1・第3金曜日に公開されます。

次回は8月7日の予定です。お楽しみに

腰から太ももの重苦しい痛み「腰椎分離症」

ヨミドクターで当院ペインクリニック内科医長 森本昌宏医師のコラムが公開されました

テーマは「腰椎分離症」です。ぜひご覧ください

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200612-OYTET50010/?catname=column_morimoto-masahiro

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腰椎分離症は思春期に発生することが多い腰の異常で、無理をすれば亀裂が拡大することも…

早期発見・早期治療が重要です

分離症の診断のためには、腰椎の亀裂の確認が必須です。当院ではレントゲンのみならず、CTや3T(テスラ)MRIにて腰椎の検査が可能です。MRI検査は被ばくもなく、腰椎のみの検査時間は20分程度です。

ぜひ、スポーツにより激しい痛みを自覚する方や、お尻や太ももの後ろに「重苦しい」「漠然とした」痛みを感じる方もご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森本医師のコラムは毎月第1・第3金曜日に公開されます。

次回は7月17日の予定です。お楽しみに

なかなか人に聞けないデリケートゾーンの悩み

関西ウーマンで当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『なかなか人に聞けない、デリケートゾーンの悩み』。

今月の診療はいつもの倍以上の陰部の痒み・痛み・デキモノのお悩みがありました。ほとんどが会陰部膿瘍や毛嚢炎やバルトリン腺炎ですが、尖圭コンジローマや梅毒が隠れていることもあります。

痛みや痒みを我慢せずにお気軽に婦人科にお越しくださいませ。早めの治療の方が治癒も早いです。

『デリケートゾーンについては周囲の人になかなか相談しにくいため、多くの女性が一人で悩んでいます。20〜50代の女性を対象にした調査では、どの年代でも約5人に1人が痒み、におい、ムレ、おりものについて悩んでいることがわかっています。』

続きはこちら↓
https://www.kansai-woman.net/Column201695.html

わかりやすく書かれていますので、ぜひご覧ください

————————————————————————————————————————————–

「大阪なんばクリニック」の婦人科は、女性医師のみで診療させて頂いております。おりもの異常、生理痛から更年期障害まで最先端の治療を取り入れながら、どんな些細なお悩みでも真摯に対応します。

あなたの心筋梗塞発症リスクを調べてみませんか?

 

石灰化スコアリングとは、心臓を栄養する動脈である冠動脈の石灰化を測定するCT検査です。

低被ばくで、造影剤を使わない、比較的簡便な検査で検査時間は10分弱くらいです。

CT画像から冠動脈壁の石灰化の程度を計測します。

下の画像は実際の石灰化スコアリングのCT画像です。黄色の丸で囲まれているのが冠動脈の石灰化です。

スコアリング

血管に石灰化があるということは動脈硬化があることを指し、高血圧症、高脂血症、糖尿病、喫煙習慣などがあると石灰化が多くなります。

石灰化が多いと心筋梗塞の発症も増加すると言われています。一方で、石灰化が少ない場合は、発症リスクが低いと報告されています。

当クリニックでも健診オプションとして石灰化スコアリングをお選びいただけます。      検査料金は5,500円(税込)です。

HPのお申込フォーム、またはお電話からご連絡ください

TEL : 06-6648-8571

石灰化スコアリングのご案内

発症半年~3年で指・足が変形…関節リウマチは早期発見でコントロールを

ヨミドクターで当院ペインクリニック内科医長 森本昌宏医師のコラムが公開されました

テーマは「関節リウマチ」です。ぜひご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関節リウマチは、関節の内側にある滑膜(ヒアルロン酸を作っている)の炎症によって、関節の腫れと痛みを引き起こす病気である。関節リウマチでは、何よりも早期診断、早期発見が大切である。現在では、適切な治療を行えば、痛みを含めてコントロールできる病気となりつつある。

続きはこちらから↓

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200603-OYTET50016/?catname=column_morimoto-masahiro

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森本医師のコラムは毎月第1・第3金曜日に公開されます。

次回は7月3日の予定です。お楽しみに

CT検査で内臓脂肪を測定してみませんか?

内臓脂肪の過剰な蓄積は、高血糖、高脂血症、高血圧などを招き動脈硬化をすすめ、心筋梗塞、脳卒中などを引き起こすリスクが高くなることがわかってきました。

内臓脂肪の量は腹囲でおおよその推定が可能ですが、腹囲ではわからない「かくれ肥満」の方がいらっしゃいます。

当クリニックの内臓脂肪測定はCT検査によって、内臓脂肪の量を簡単に、そして正確に測定することが可能です。

内臓脂肪

内臓脂肪の測定は、肥満の管理や治療だけにとどまらず動脈硬化性疾患の予防や治療にも極めて重要です。

お臍の位置で1枚撮影するだけで、検査時間は5分程です。

検査料金は5,500円(税込)です。

HPのお申込フォーム、またはお電話からご連絡ください

TEL : 06-6648-8571

内臓脂肪測定のご案内

痛い「こむらがえり」の正しい応急法…繰り返すなら服薬、注射も

ヨミドクターで当院ペインクリニック内科医長 森本昌宏医師のコラムが公開されました

テーマは「こむらがえり」です。ぜひご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「明け方にふくらはぎがけいれんして、あまりの痛さに飛び起きたんです。家内をたたき起こして、足の親指を引っ張ってもらい、その場はおさまったんですが、昼になってもまだ痛くて」と言って、私の外来を受診される方がおられる。同様の痛い経験をお持ちの方も少なくはないだろう。

続きはこちらから↓

http://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200512-OYTET50016/2/?catname=column_morimoto-masahiro

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森本医師のコラムは毎月第1・第3金曜日に公開されます。

次回は6月19日の予定です。お楽しみに