婦人科 藤田医師の異動の御報告

2020年12月末をもちまして、藤田は大阪なんばクリニックを退職する運びとなりました。

2年前の2018年10月に開院したばかりの当婦人科で、皆様の温かい御厚意に支えられながら、今日を迎えることができました。常日頃より皆様には感謝しております。

2021年より藤田は近畿大学病院にて勤務することとなりましたが、これ迄の皆様の御厚意に報いるべく、一意専心、新天地にて診療に邁進する所存でございます。

皆様、本当にありがとうございました。

多謝

2020年10月吉日
婦人科 医長 藤田由布 拝

「痛いの痛いの飛んでけ~」でホントに和らぐわけ

ヨミドクターで当院ペインクリニック内科医長 森本昌宏医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『痛み』です。

ぜひご覧ください

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200923-OYTET50010/?catname=column_morimoto-masahiro

森本医師のコラムは毎月第1・第3金曜日に公開されます。お楽しみに

カーテンの向こう側①

マネトラガールにて当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『婦人科(レディースクリニック)のカーテンの向こう側』。

今回は少し目線を変えて、婦人科にまつわるお話です。

婦人科に行ったことがない人や、検診が不安な人はぜひ、参考にしてみてくださいね^^

コラムはこちらから↓

http://manetoragirl.com/yu-karte-11.html

ぜひご覧ください

今さら聞けない「低用量ピルって、そもそも何?」

関西ウーマンで当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『低用量ピル』です。

私たち日本人女性にとったら、ピルはまだ馴染みのないクスリで、とっつきにくいダークな代物に捉えてしまいますよね。こんな風に感じるのも無理はありません。ピルは最近になってようやく世に出回り始めたものでして、海外から30年ほど遅れて日本に上陸したホルモン剤です。

続きはこちら↓
https://www.kansai-woman.net/Column201698.html

2EA8B496-14E3-4CFA-9FDD-836E19DEF410

大阪なんばクリニックでは、緊急避妊薬や経口避妊薬、月経困難治療薬の処方もしております。

藤田医師は些細なお悩みにも真摯に対応してくれます

ぜひ、お悩みの方はご相談ください。

実は怖い性病 「クラミジア」②

マネトラガールにて当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『クラミジア』。

多くの場合は症状がほとんどないか、症状があってもごくわずかのため自覚しにくいため、気がつかずに周りにどんどん感染させてしまっている可能性も無きにしも非ずで、実はとても恐ろしい性感染症です。

おりものが少し増えたり、軽い生理痛のような痛み、不性器出血など心当たりのある方はお気軽に婦人科でご相談ください。

クラミジアは身近な性病なので、全く恥ずかしく思う必要はありません!

むしろ、早期発見、早期治療を行うことで、将来の不妊や子宮外妊娠を防ぐことができるのです。

きちんと治療すれば完治できるので、怖がらないで、まずは婦人科を受診してみてくださいね。

コラムはこちらから↓

http://manetoragirl.com/yu-karte-10.html

ぜひご覧ください

膝は人体で最大の関節 でも頑丈ではありません

ヨミドクターで当院ペインクリニック内科医長 森本昌宏医師のコラムが公開されました

スポーツを続けておられる方が訴える症状で、最も多いのは膝関節周辺の痛みです。

今回は、このスポーツ障害(使い過ぎ)による膝の痛みを取り上げています。

ぜひご覧ください

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200903-OYTET50003/?catname=column_morimoto-masahiro

膝に痛みを生じた場合には、安静が原則です。痛みが激しい場合に限って、ペインクリニックではトリガーポイント注射を行うこともあります。

膝に痛みを抱えられてる方は、ぜひご相談ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森本医師のコラムは毎月第1・第3金曜日に公開されます。お楽しみに

実は怖い性病 「クラミジア」①

マネトラガールにて当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『クラミジア』

よく耳にする性感染症の一つですが、実はとても恐ろしい病気です。

女性の場合は、感染しても殆どが無症状で進行していきますが、この時点で治療しないで放置してしまうと、卵管や腹腔内へ感染が進展していきます。

進行すると、子宮頚管炎、子宮内膜症、卵管炎、骨盤腹膜炎といった病気を発症し、子宮外妊娠のの原因にもなってしまいます。

正しい知識を得て、きちんとした治療を知っておいていただくため、今回はクラミジアを一緒に勉強していきましょう。

コラムはこちらから↓

http://manetoragirl.com/yu-karte-9.html

ぜひご覧ください

【子宮頸がんワクチン】命を守る予防接種です

マネトラガールにて当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは命を守る予防接種と題して、皆さんに知っていただきたい「子宮頸がんワクチン」です。

実は、日本では子宮頸がんが明らかに急増しています。

海外の国々では、子宮頸癌は撲滅寸前というのに、です。

日本では、若い女性が毎年3千人命を落とし、1万人が頚がんで子宮全摘手術を受けています。

まだまだワクチンに対する疑念を払しょくできない人々やそもそも子宮頸がんワクチン接種の必要性を感じていない人も多いのが現状です。

世界では撲滅寸前の子宮頸がんが、なぜ日本では増え続けているのでしょうか。

ぜひご覧ください

コラムはこちらから↓

http://manetoragirl.com/yu-karte-8

大阪なんばクリニックでは、子宮頸がんワクチンを接種できます

ぜひ、ご相談ください。

「テニス肘」初心者は外側、熟練者は内側に…安易なマッサージはNG!

ヨミドクターで当院ペインクリニック内科医長 森本昌宏医師のコラムが公開されました

テーマは「スポーツによる痛み」です。

肘にみられるスポーツ障害を紹介しています。

ぜひご覧ください

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200826-OYTET50013/?catname=column_morimoto-masahiro

肘の痛みを生じた場合には、安静が原則で、安易なマッサージなどは避けましょう。ペインクリニックではトリガーポイント注射を行っていますが、発症初期であれば、1回の治療で痛みがなくなることも珍しくありません。

肘に痛みを抱えられてる方は、ぜひご相談ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森本医師のコラムは毎月第1・第3金曜日に公開されます。お楽しみに

婦人科のカーテンの向こう側…

関西ウーマンで当院婦人科医長 藤田医師のコラムが公開されました

今回のテーマは『婦人科のカーテンの向こう側…』です。

婦人科ってなんか敷居が高い、何をされるか分からない・・・このように思う方も少なくないと思います。そこで今回は、婦人科のバックヤードを丸ごとお見せしようと思い立ちました。そうです、婦人科内診室のカーテンの向こう側はどうなってんの?を解明いたします。

続きはこちら↓

藤田由布さんのコラム【婦人科医の言いたいこと】
https://www.kansai-woman.net/Column201697.html

————————————————————————————————————————————–

「大阪なんばクリニック」の婦人科は、女性医師のみで診療させて頂いております。おりもの異常、生理痛から更年期障害まで最先端の治療を取り入れながら、どんな些細なお悩みでも真摯に対応します。おりものが少し増えたり、軽い生理痛のような痛み、不性器出血など心当たりのある方はお気軽に婦人科でご相談ください。身近な性病なので、全く恥ずかしく思う必要はありません!