リワーク(復職)支援(その2)

皆様、こんにちは。心療内科 精神科千里中央駅千里ニュータウン医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「リワーク (復職)支援」の2回目です。引き続き、リワークについて詳しく触れたいと思います。
【続き→】うつ病などのメンタルヘルス不調によって、長期休業を余儀なくされた人の場合、症状がある程度落ち着いても、勤務への根強い不安から、本格的な職場復帰までにリワークまでに)かなりの時間を要することがあります。近年は、大企業を中心に職場復帰支援リワーク支援)体制の整備が進み、例えば「ならし勤務」など正式な職場復帰の前リワークの前)にワンクッションを置く制度の導入も広がりつつありますが、それでも復職へのハードルリワークへのハードル)は周囲が考える以上に、あるいは本人が自覚する以上に高いというのが実情です。復職を焦るリワークを焦る)と急激な環境変化から、病気を再発させてしまうケースも少なくありません。自宅での療養からいきなり会社に戻ると、通勤や業務によって大きなストレスが一気にかかり、せっかく戻りつつあったメンタルヘルスを崩しやすいのです。
そこで注目されているのが「リワーク」メンタルヘルス不調者が、休職と復職休職とリワーク)の間のつまずきやすい”段差”を無理なく、着実に昇り切れるよう一種のリハビリテーション(リワークプログラム)を行うわけです。
以上、心療内科千里中央駅直結千里セルシー3階「杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。






DDまっぷ ドクターブログ 一覧