コロナ対策 次亜塩素酸水 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

今回は コロナ対策として「次亜塩素酸」の話です。

当院は内視鏡専門クリニックで 胃カメラ、大腸カメラを主にしていて 発熱や咳の患者さんが来ることはまずないのですが、患者さんから質問があったので「次亜塩素酸」について解説です。

いきなり質問ですが「次亜塩素酸」と「次亜塩素酸ナトリウム」の違いはご存知でしょうか?
ともに消毒で使われるのですが。
特に コロナ対策としては「次亜塩素酸」を使いましょう、といわれることもあります。

次亜塩素酸は、クレベリンといった商品名で使われる酸性の殺菌剤です。
一方 次亜塩素酸ナトリウムは ハイターなどの商品名で使われるアルカリ性の殺菌剤です。

次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムの違い

ハイターを薄めて使えば 次亜塩素酸になるわけではないのでご注意を。

先日も薬局に行きましたが クレベリンも見つかりませんでした。
もちろん 消毒用エタノールも…

コロナ対策に限らず インフルエンザ対策としても 手洗いが基本。
石鹸でも一定の効果は見込めますので こまめな手洗いで感染を予防しましょう。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】

鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラをしている内視鏡専門クリニックです。JR森ノ宮駅直結にあるクリニック、大阪市内で京橋、玉造からもアクセス良好です。

胃カメラや大腸カメラでお困り、お悩みの方はご気軽に相談ください。

 






DDまっぷ ドクターブログ 一覧