学校検尿の意義 ①

新学期が始まって1ヶ月が過ぎました。

子ども達もだいぶ新しい環境に慣れてきた頃でしょうか。

私は西小学校、中央小学校、中央幼稚園の校医、園医をやっていますので、最近ちょくちょく校内で目撃情報が寄せられているかもしれません。

学校検診には小児科医の診察に加え、身長・体重の測定、視力検査、聴力検査などが含まれます。

ギョウ虫検査は衛生状態の改善により皆無に近くなったため数年前に廃止されました。

一方、「ケンニョウ」という言葉でおなじみの尿検査は引き続き重要な検査として位置づけられています。

尿は腎臓で作られるため、尿の検査をすると腎臓の調子を大まかに調べることができます。

尿検査は痛みを伴わず、また費用が安いことも大人数を対象の第1段階目の検査として適していると言えます。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧