待合室の写真 2020年5月

450045002020_05_12_2775
 本日5/25全国の緊急事態宣言が解除されました。当院は800人以上の継続通院治療が必要な再診リウマチ患者様が全体の8割を占めています。今後も平常の診療を滞りなく継続するため、来院時には一人ずつ玄関でスタッフが対応し、今まで通りのご協力をお願いします。
① マスク着用(お持ちでない方は簡易マスクをお渡しします)
② 来院時の体温測定(非接触式体温計)
③ 手指アルコール消毒(手袋は脱いでビニール袋に密閉)
④ 待合室では間隔を開けて座ってください 混雑時には院外で暫くお待ち戴き携帯電話にご連絡する場合もあります
⑤ 雑誌の閲覧や飲水サービスは中止しています
 玄関から受付までに暫く時間を要しますがどうぞよろしくお願いいたします。
 さて天気の良い日は是非ご自宅の周辺を散歩してください。これから日中は暑くなりますが早朝や夕方を選んで身体を動かしましょう。今まで気づかなかった新しい発見があるかも知れません。
待合室の壁写真は、私が毎日の散歩を促し勧める85歳の父が途中撮影する写真です。

題 名: 今日の散歩道
撮影日: 2020/5/12
場 所: 堺市北区 大泉緑地公園かきつばた園

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


アクテムラ/ケブザラ(IL-6抑制薬)を継続中のリウマチ患者様へ

IMG_7268
 先般(4/13朝日新聞、4/16NHK等)関節リウマチの治療薬アクテムラが新型コロナの重症肺炎患者様に効果があったと報道されました。
 新型コロナに関わらず重症感染症の場合、感染初期は自身の免疫機能が病原体を駆除しようとします。しかし病原体の増殖が余りに早く自身の免疫機能が追いつかなくなると、免疫細胞から様々な炎症性サイトカインが全身の血中に広がり、自身の組織にもダメージを与えながら重症化していきます。これは「炎症性サイトカインの嵐」と言われ、その中心になるサイトカインがIL-6です。今までにも新型コロナ以外の「炎症性サイトカインの嵐」の治療にアクテムラ(IL-6抑制薬)が効果があることは既に報告されています。
 すなわち、新型コロナの感染を予防したり、抗ウイルス薬のアビガンのようにウイルスの増殖を直接抑制する効果は期待できません。
・現在アクテムラ/ケブザラ(IL-6抑制薬)で寛解状態を維持されている患者様は今まで通り安心して継続してください。
・それ以外の抗リウマチ薬で寛解状態を維持されている患者様も今まで通り安心して継続してください。アクテムラ/ケブザラに敢えて変更する必要はありません。

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


来院患者様へご協力のお願い

45002020_03_26_2462
IMG_7270
 クリニック内に外部からウイルスを持ち込まない対策として、来院患者様に以下のご協力をお願いしています。

・受付される前に院内備え付けのアルコールで必ず手指の消毒をしてください。手袋をして来院した方は手袋を外し、お渡しするビニール袋に手袋を入れて院内では出さないでください。
・非接触式の体温計で体温を測定します。
・院内では常にマスクをしたまま検査診察を受けてください。マスクの無い方は受付で簡易マスク(キッチンペーパーと輪ゴムで作製)をお渡しします。
・待合室での雑誌閲覧や飲料水のサービスは中止しています。持ち込みの飲食もお控えください。
・再診患者様で発熱(37.5度以上)しているときには来院せずに電話でお問い合わせください。

 当院には800人以上の継続定期治療が必要なリウマチ患者様が通院されています。今後も当院が滞りなく診療を続けるため最大限の努力と注意を心がけて参ります。
 皆様のご協力誠にありがとうございます。

題 名: 枝垂れ桜
撮影場所: 大阪府堺市 大仙公園
撮影日: 2020/3/26
追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


お天気の良い日が続いています

45002020_03_19_2388
 以前からお伝えしてしましたが本日3/24(火)は臨時休診させて戴きました。私自身が毎年3月に健康検診を受けています。胃カメラと大腸カメラも同時に実施しましたので今日は休診しました。検査して戴いた先生と一緒にモニター画面を見ながらお話ししましたが、幸いにも異常はなく安心したところです。
 大阪でもコロナPCR検査で陽性の感染患者様に関する報道が毎日更新されています。堺市に住む今年で85歳になる写真を趣味にする私の父親には、「天気の良い日は外に出て散歩すること。足腰を鍛えておかないと自分で動けなくなるよ。」といつも話しています。
 天気の良い日は外に出て散歩しましょう。新型コロナウイルスは屋外で風に乗って空気感染する心配はありません。天気の良い日は是非外出して、ご自宅の近隣をいつものように散歩してください。でも帰宅時には必ずうがいと手洗いを忘れずに。
 感染は家庭内で広がります。行動範囲の広い、健康な若い同居ご家族は外から家庭にウイルスを持ち込まないように注意してください。健康な人ほど感染しても症状が出ない不顕性感染者、スーパースプレッダーになりかねません。これからも愛する高齢のご家族へ温かいご配慮をかさねてお願いします。
題 名: 散歩の風景
撮影場所: 大阪府堺市北区 大泉緑地
撮影日: 2020/3/19
追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


天気の良い日は外に出て散歩しましょう

IMG_7508
最近来院される高齢の患者様とのお話で、日頃は寛解を維持し毎日歩いていたのに
「最近はコロナが怖いから外出を控えている。」
「家族に外出するなと言われる。」
「一日中家でいると気分が滅入って体がだるい。」
とおっしゃる方を見受けます。
新型コロナウイルスは屋外で風に乗って空気感染する心配はありません。天気の良い日は是非外出してご自宅の近隣をいつものように散歩してください。でも帰宅時には必ずうがいと手洗いを忘れずに。
感染は家庭内で広がります。行動範囲の広い、健康な若い同居ご家族も外からウイルスを持ち込まないように注意しましょう。これからも高齢のご家族へ温かいご配慮をかさねてお願いします。
クリニックの壁写真は黄色が鮮やかな菜の花畑から見る大山です。
題 名: 春の伯耆富士
撮影場所: 鳥取県西伯郡伯耆町
撮影日: 2013/4/24

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


新型コロナウイルスCOVID-19について

88336012_3082058671818121_6464041813316468736_o

89109326_2574351352692077_585988458644766720_n
関節リウマチの免疫抑制剤(すべての生物学的製剤、メトレート®、タクロリムス®、ゼルヤンツ®、オルミエント®等)を使用中の患者様に再確認していただきたいこと

・抗リウマチ薬でウイルスに感染する危険性が高まることはありません。発熱・咳・痰などの自覚症状がなければ抗リウマチ薬を継続し、定期通院での血液検査を受けてください。

・感染の危険性は持病のない人と同じです。特に手洗い、うがいを心がけてください。不特定多数の人が密集する場所では素手で触れた薬を内服したり飲食することは避けてください。

・37.5℃以上の発熱があるときには免疫抑制剤(すべての生物学的製剤、メトレート®、タクロリムス®、ゼルヤンツ®、オルミエント®等)をまず中止してください。

以下に2/22日本リウマチ学会が患者様向けに発表した内容を引用します。
Q1:免疫抑制薬や生物学的製剤を使い続けていても大丈夫ですか?
A: 現時点では、免疫抑制薬や生物学的製剤などの免疫抑制治療を受けている方がCOVID-19にかかり易くなるというデータはありません。COVID-19にかかった場合に、重症化の可能性が高くなると報告されているのは、糖尿病、高血圧、心疾患、脳血管疾患です。一方、免疫抑制治療の減量・中止によってリウマチ性疾患が再燃する恐れがあります。また、COVID-19の悪化には肺における過剰な免疫反応が関与している可能性が考えられています。これらのことから、免疫抑制薬、生物学的製剤、抗リウマチ薬、ステロイドは、原則として同じ用量で続けていただき、感染症の症状がある場合は重症になる可能性もありますので、主治医の先生にご相談ください。また、COVID-19をはじめとした感染予防の一般的な留意として、アルコール手指衛生剤を用いた手指消毒、あるいは、石鹸による手洗いをこまめに行うようにしてください。


待合室の写真 2020年 2月

200201
 中国での新型コロナウイルス感染拡大が毎日ニュースで報道されているので不安になる方も多いと思います。まず新型コロナウイルスも感染経路は、普通のかぜや季節性インフルエンザと同じ飛沫感染です。感染者のくしゃみや咳でウイルスをふくむ体液が飛散し他人の皮膚に付着します。皮膚に付着するだけで吸収され感染することはありません。ウイルスの付着した手で自分の口や眼、鼻を触ることで、血流のある粘膜に持ち込み感染します。
 マスクはウイルスの口、鼻への直接飛沫による付着を防ぐことはできますが、もしウイルスの付いた自分の手を口につけたり(たばこやペットボトル)、鼻や眼をこすったりすれば感染のリスクは高くなります。人混みの中ではマスクの予防効果はありますが、さらに加えて手洗いの重要性が分かると思います。
 今も季節性インフルエンザと普通感冒は流行しています。まずは例年のように通常の感染予防をしっかりすることが大切です。新型コロナウイルスについては様々な解説がありますが、先週までの時点で分かりやすくまとまっていると感じた解説コラムを転載します。
 さてクリニック待合室の壁写真は、堺大泉緑地の遊歩道脇に咲く水仙になりました。

題  名: 遊歩道脇の水仙
撮影場所:大阪府堺市 大泉緑地
撮影日: 2020/2/2

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200202-00161390/?fbclid=IwAR09NQUogL1jKhXbTve2VHk43pc7NKdnqmMp1N-UIZWceDfmm7c_EuHjWWk

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


新年明けましておめでとうございます

2001041

2001042
 穏やかな新年を迎え、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 関節リウマチ治療薬の進歩は続いています。新薬のみならず、一部の既存生物学的製剤には後発薬品(バイオシミラー)が出現し患者様の医療費負担がより少なくなってきました。
 新年は 1月6日(月)9:00 から通常診療を始めます。

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


『初めての受診ですが、紹介状は必要ですか?』

191102
 当院には、既に他院で治療を受けているリウマチ患者様も多く来院されます。私自身がリウマチ患者様の治療を始める際に必ず確認することは
 ・初めてリウマチと診断を受け治療を始めた時期
 ・関節の手術を受けたことがあるか
 ・今までに関節以外の病気(肺・腎臓・肝臓・胃腸・心臓など)がないか
 ・今までのリウマチ薬(内服、生物学的製剤)の使用歴
 また現在使用中の薬以外の情報として、特に
  ・副作用が出た薬があるか
  ・効果がないと判断され、中止になった薬があるか、それは
   「最初から全く効果がなかった」のか、あるいは
   「最初は効果があったが途中で効果がなくなり中止した」のか
 生物学的製剤の場合、過去に効果がないと判断されたものでも、用量や併用の内服薬を変更工夫することで十分な効果が出ることもあります。
 以上の内容を患者様自身が、十分把握し私に説明いただけるのであれば、当院を初診される際に紹介状は必要ありません。主治医の先生に「紹介状を書いてください」とお願いすることを躊躇する患者様が多いと伺いました。
 ちなみに私は患者様から紹介状を依頼された時は、できるだけ受診日にお渡しするよう努めていますが、情報内容や資料が多く整理に時間がかかる患者様の場合は、後日の紹介状受け取りをお願いすることがありますので、ご理解の程お願い申し上げます。
 さてクリニック待合室の写真です。その昔、大己貴命が丹波亀岡、保津峡の開削に使った鍬を当地に山積みしたという伝説のある鍬山神社の紅葉です。

題  名: 矢田の紅葉
撮影場所: 京都府亀岡市 鍬山神社
撮影日:2019/11/16

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</


待合室の写真 2019年11月

191101
 先月からインフルエンザの予防接種が始まりました。今年は昨年よりも早期の流行が予想されるため、通院中のリウマチ患者様は例年よりも早めの予防接種をお薦めします。
 さてクリニック待合室の壁写真は、秋深まる妙高高原の紅葉になりました。

題  名:秋の高原牧場
撮影場所:新潟県妙高市 笹ヶ峰高原
撮影日: 2015/10/13

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ</