これまで、これから


森田内科・胃腸内科のミッション
地域医療に貢献して、人を幸せにする。)
人:患者さん、チームの仲間、大切な家族と自分自身

高槻市城南町にある、胃カメラ・大腸カメラから一般内科まで幅広い診療を行うクリニック、森田内科・胃腸内科のブログです。
このブログでは当院に関心あるすべての方に、当院とここで働くスタッフの“今”を知って頂くために、日々思うことを医療にこだわらず“そこはかとなく”綴ったものです。

→:これまで、これから
秋が深まり、朝晩の寒さが冬の到来を感じさせる季節になりました。2020年11月15日、開院から10年が経過し、11月16日から開院11年目がスタートしました。10年というと、ピンときませんが。人に例えると、小学4年生(10歳)の子供が大学2回生(20歳)になるまでです。人生にいろいろな事がある様に、森田内科にもいろいろなことがありましたが、振り返ってみて、総じて素晴らしい10年であったと思います。
先日、久しぶりに来院患者数が100人を超えました。特に問題なく、通常の時間に診察が終了して、気づけば100人を超えていたという感じでした。診察終了後、心地よい疲れを感じる程度で、「まだまだ診察できる!」と感じました。その時、初めて100人を超えた時のことを思い出しました。患者さんは長い待ち時間に苛立ち、チームのメンバーは私も含め全員が天手古舞で、診察が終わった時には全員へとへと、9時近くまで仕事をしていました。昔と今のこの違いは、個人のスキルアップもさることながら、チーム内での役割分担をしっかり行うことで、メンバーが各自の役割に専念出来る様になり、組織力が格段に向上したためだと思います。マネジメントの神様ドラッカーは「組織の目的は、人の弱みを補い合って、人の強みを生産に結びつけることにある。」と述べましたが、この10年間で、チームとしてドラッカーの言う、そのスキルを身につけつつあると思います。10年かけて培ったこの成長に、歓びとともに、チームメンバーへの尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。
「20代で10年間苦労した者だけが、30代で夢の世界を見ることが出来る。」、これは矢沢永吉の名セリフの一つです。この10年がゴールではなく、今からが“夢の世界”を見るためのスタートにだと思います。これまでの10年を、これからの10年に活かして、新しく始まる次のステージを“チーム全員”で、苦しみも楽しみも分かち合い、助け合い、明るく“超一流への道”にチャレンジしていきます!






DDまっぷ ドクターブログ 一覧