認定理学療法士

理学療法士の薮下です。

連日猛暑が続いています。

皆さん熱中症には十分に注意してください・・・(´・ω・`)

 

さて今回は個人的にちょっとした報告があります・・・(・ω・)ノ

 

我々、理学療法士には認定理学療法士といった認定資格があります。

(以下、日本理学療法士協会HPより)

認定理学療法士とは新人教育プログラム修了者を対象に、自らの専門性を高め、高い専門的臨床技能の維持、社会、職能面における理学療法の専門性(技術・スキル)を高めていくことを目的としており、7つの専門分野(基礎理学療法、神経理学療法、運動器理学療法、内部障害理学療法、生活環境支援理学療法、物理療法、教育・管理理学療法)があります。

 

 研修会の参加やレポート提出を経て、5月に運動器理学療法の認定試験を受験しました( ;∀;)

 

結果、無事に合格することができました\(^o^)/

IMG_3211

 

晴れて運動器認定理学療法士となったわけですが、医療は日々進歩していきます。

現状で満足せず今後も自己研鑽を続けていき、より高い専門性をもって患者さんの治療に生かしていければと思います!!(`・ω・´)ノ

 

以上、ちょっとした報告でした・・・( *´艸`)

 


当院でのCOVID-19(新型コロナウイルス)感染防止対策の実施

理学療法士の薮下です。

ホームページ上のお知らせ欄にも掲載していますが、当院ではCOVID-19(新型コロナウイルス)感染防止対策を実施しています。

 

【COVID-19(新型コロナウイルス)感染防止対策に取り組んでいます】
・当院では受付時に患者様(付き添いの方も含む)に検温を実施し、マスクの着用を義務化させていただいています。

・新型コロナウイルス感染防止のため、スタッフの検温・健康チェック・マスク着用を対策徹底しています。 

・来院時、受付にて手指の消毒をお願いしています。

発熱の症状や受付時の検温で37.0度以上の方は受診をお断りさせていただいており、症状によっては指定の医療機関への案内をさせていただきます。 

待合いでソーシャルディスタンスのお願いをし、可能な方には混雑時に車で待っていただく案内もさせていただいています。

常時窓を開放し、換気を徹底しています。

スタッフは患者さんの治療ごとに手指と治療ベッドの消毒を行っています。

 

 


自分で実践できる簡単なコロナ対策

理学療法士の薮下です。

非常事態宣言も解除されたましたが、まだまだ新型コロナウイルスの影響は大きく不安に感じている方も多いかと思います。

今日は予防法の1つで誰でもすぐに実践できる手洗いのイラストを載せてみました!!(・ω・)ノ

普段の手洗いよりほんのわずかに時間をかけるだけでもリスクはかなり下げられます。

ぜひ参考にしてみてください!!(・ω・)ノ

 

 〔手洗い〕
ドアノブや電車のつり革などさまざまなものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

 あ

 

 

 


こんな時こそ運動習慣が大事です!!part③

理学療法士の薮下です。

昨日、全国に非常事態宣言が拡大されました。

今後はますます不必要な外出を控え、感染拡大を防止していくという意識を一人一人が強く持たなければいけません!!

今回はメディアでも最近よく自宅でできる体操が紹介されるようになってきていますが、当ブログでも第3弾となります自主体操をご紹介したいと思います!!(`・ω・´)

 

 【腰痛体操】目安時間:運動1~5、8~10⇒10秒~15秒程度、運動6,7,11⇒10回程度

腰痛体操とは、腰にかかる負担を軽くするために、体幹・下肢の筋力・柔軟性を高めるための体操です。体操は息を吐きながら、ゆっくりと反動をつけないように行いましょう。

1.おしり〔殿筋〕と反対側のふともも前面〔腸腰筋と大腿四頭筋〕の筋肉をのばす運動

片方のひざを両手でかかえて胸に近づける。 反対側の足は床から浮かないように伸ばしておく。1535546479133
□   2.ふともも後面〔ハムストリングス〕とふくらはぎ〔下腿三頭筋〕の筋肉をのばす運動

ひざを伸ばしたまま片方の足を持ち上げる。つま先は、自分の方に向ける。
手で支えたり、壁などにかけて行ってもよい。
1535546481355 1535546485402

□   3.背中〔背筋〕とおしり〔殿筋〕の筋肉をのばす運動

片方の足を交差し、反対側の手でひざを持ち、体をねじる。できるだけ、両肩は床につけておく。痛みが強い時は、写真右のように両足をそろえる。
IMG_20180829_214322 1535546507357

□   4.背中〔背筋〕とおしり〔殿筋〕の筋肉をのばし、腰の反り(腰椎前彎)をへらす運動

両手でひざをかかえ、背中を丸くするように胸に近づける。可能であれば、頭を持ち上げる。1535546525578 1535546512271 

□   5.おしり〔殿筋〕の筋肉をのばす運動

片方の足を交差させ足を組み、両手でふとももをかかえ、胸に近づける。1535546510217 1535546527314 

□   6.おなか〔腹筋〕とおしり〔殿筋〕の筋肉を強くし、腰の反り(腰椎前彎)をへらす運動

両ひざを立て、背中は浮かないよう床に押し付けるようにする。
おなかとおしりに力を入れ、おしりをゆっくり持ち上げる。1535546534893 1535546531283 

□   7.おなか〔腹筋〕の筋肉を強くする運動

両ひざを立ておなかに両手を置き、おへそを見ながら起き上がる。
起き上がれない場合は、おへそをのぞき、肩甲骨が浮く程度で行う。1535546534893 1535546536669

□   8.背中〔背筋〕ふともも後面〔ハムストリングス〕を伸ばす運動

両ひざをまっすぐ伸ばし、つま先を自分の方に向け、体を前にたおす。
痛みが強い時は、両ひざを軽く曲げてもよい。
1535546544415 1535549650969 

□   9.背中〔背筋〕をねじり、伸ばす運動

片方の足を交差させ、肘で同側のひざを押すようにして、足を交差させた方に体をねじる。
胸を張り、あごとおなかを引くようにする。
1535546538507 1535546546219

□   10.背中〔背筋〕を伸ばす運動

両手を前方について四つ這いになり、おしりをかかとに近づけるように下げていく。

 1535549652777 1535549655217

□   11.骨盤の動きを良くし、腰の反り(腰椎前彎)をへらす運動

背中を軽く反った四つ這いから、おなかを引っ込めるように背中を丸めていく。1535549658912 1535549665180

一度に長時間行うよりも、短時間(そう快な疲労感を残す程度)で1日数回行った方が効果的です。痛みが強くなったら無理をせず止めましょう

 


こんな時こそ運動習慣が大事です!!part②

理学療法士の薮下です。

連日のコロナウイルスの影響でますます外出しづらくなってる方も多いと思います。(´・ω・`)

ですが、運動量が減らないようにしていくことも大切です!!(・ω・)ノ

そこで、先日にも投稿した体操シリーズですが、なかなか好評だったようなので第2弾として今回も当院で実施している体操を紹介したいと思います!!

現在来院中の方や、当院を受診したことがない方もぜひ下記内容を参考にしてもらい、外出控えている間も運動習慣がなくならないようにしていきましょう!!(・ω・)ノ

 

【 頸椎体操】※5回ずつ1日7set以上、目安として1回の体操を3分程度で行ってください。

首を動かさずに、肩(腕)を中心とした運動を行うことにより、首にかかる負担が少ない状態で、首から肩にかけての筋肉(肩甲骨周囲)の緊張を緩和し血行改善を促していく運動です。

 

① 両手を前で組んだ状態で

A)上にあげる(肘を伸ばして)                               B)下におろす

DSC00181    DSC00183

② 両手を頭の後ろで組んだ状態で

A)腕を閉じる                                                      B)胸を張るように腕を開く

DSC00184    DSC00186

 ③ 両腕を下した状態で

A)肩をすくめる                                                   B)力を抜き、肩をおろす

DSC00188    DSC00190

 ④ 両腕をおろした状態で

A)肩を後ろから前に回す                              B)肩を前から後ろへ回す

DSC00189 DSC00191 DSC00192

⑤ 腰の後ろで両手を組んだ状態で

A)組んだ手を体から話しながら胸を張る            B)力を抜いて胸をすくめる

DSC00194     DSC00195

⑥ 胸の前で両手を組み、肘を伸ばした状態で

A)肩を前方に突き出す                                     B)両肘を伸ばしたまま肩を後方に引く

 DSC00196 DSC00198 DSC00199

⑦ 両肘を90°に曲げ脇を少し開いて

A)両腕を外に開く(胸を張るように)                     B)元に戻す

DSC00201   DSC00202

 (頸椎体操の実施に関する注意事項)

体操は呼吸を止めず、ゆっくりと行ってください。一度に長時間行うよりも、短時間(そう快な疲労感を残す程度)で1日数回行ったほうが効果的です。痛みが強くなったら止めましょう。

 

 


こんな時こそ運動習慣が大事です!!

理学療法士の薮下です。

連日のコロナウイルスの報道もあり、外出を控えている方も多いかと思います。(ノД`)・゜・。

ですが、それによって運動量が減ってしまうのも良くありません!!(`・ω・´)ノ

そこで今回は当院でも実施している、腰痛体操をご紹介したいと思います。

現在来院中の方や、当院を受診したことがない方もぜひ下記内容を参考にしてもらい、外出控えている間も運動習慣がなくならないようにしていきましょう!!(・ω・)ノ

 

【腰痛体操】(ストレッチの目安時間は10秒~15秒程度、筋力トレーニングの目安回数は10回程度)

□1.背中の筋肉を伸ばす運動

背中を丸めて、おへその辺りを見るようにしながら体を前へ倒す。

 DSC00166        DSC00167

 □2.おしりの筋肉を伸ばす運動

片方の足を図の様な形で、もう片方の足の上に置く。その後、背筋を伸ばした状態のまま、お腹から前へ倒す。                         

DSC00168      DSC00169                

 3.ふともも、ふくらはぎ、背中の筋肉を伸ばす運動

椅子に浅めに座り、片方の足を図の様に伸ばし、体を前へ倒す。

 DSC00166     DSC00170

 □4.体の横の筋肉を伸ばす運動

両手で頭の後ろに手を組む。その後、図の様に体を横に傾けていく。

※体を前に倒しすぎたり、後ろに反ったりしない様に気を付ける。

DSC00171      DSC00172

□5.背中の筋肉をほぐし、腰の動きを良くする運動

左手を右ひざの外側にあて、図の様に体をねじっていく。戻して反対も行う。

DSC00173     DSC00174 

□6.ふとももの内側の筋肉と背中を伸ばす運動

図の様に椅子に座った状態から足を広げ、手を膝の内側にあてる。その手で足を少し広げながら、体を前へ倒す。

※腰は反らないようにする。

 DSC00175     DSC00176

 □7.ふとももの前の筋肉を伸ばす運動

図の様に横向きに椅子に腰掛ける。その後、片方の足を図の様に後ろに引いていく。反対側も同様に行う。

※転倒しないように手で椅子の背もたれを持って行うと行いやすい。 

 DSC00177    DSC00178

□8.おなか、股関節前面の筋肉を強くする運動

背もたれにもたれ、おなかをひっこめながら片方ずつ足を持ち上げていく。

※不安定であれば椅子を持って行う。また、腰を反りすぎないように行う。

DSC00179

【腰痛体操を実施するときの注意点】

体操は息を吐きながら、ゆっくりと反動をつけないで行ってください。一度に長時間行うよりも、短時間(そう快な疲労感を残す程度)で1日数回行ったほうが効果的です。痛み強くなったらやめましょう

 

 

 

 

 


和歌山市の断水

理学療法士の薮下です。

先日から世間を賑わせた断水についてですが、予想されたよりも水道管からの漏水も少なく、結果的に断水は行われませんでした。

なによりです。。。(ノД`)・゜・。

当院でも情報が二転三転しましたが、1/21(火)より通常通り診療再開しています。(・ω・)ノ

今後も休診案内や、新着情報は当院のホームページ上で公開していますので、確認していただけると幸いです<m(__)m>

 


新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

理学療法士の薮下です。

当院は1/6(月)より通常通り診療開始しております。

昨年はほとんどブログの更新できませんでした。

すいません(´・ω・`)

今年は2020年!!東京五輪もあります!!

少しでも多くブログでも情報発信していければと思っております!!(・ω・)ノ

本年も三木町寺下整形外科をよろしくお願いします。m(_ _)m

 


お盆休み明けと台風

理学療法士の薮下です。

当院もお盆休みを頂いていましたが、本日より通常通り診療再開しております。

厳しい暑さ続いていますが、引き続き三木町寺下整形外科をよろしくお願いいたします。m(__)m

 

さて、昨日の台風10号の影響はなかったでしょうか?

各地で大雨の被害がニュースでも報道されていましたが、最近は雨による水害が特に多く感じられます。

これから台風が多くなってくる時期になります。

水害は防ぎようのない部分もありますが、前もって避難するなど、早めの行動を心がけて乗り切りましょう(`・ω・´)

 

 


新しいユニフォーム

理学療法士の薮下です。

少し忙しくてずいぶんご無沙汰していました。(ノД`)・゜・。

またちょくちょくブログも更新していくのでよろしくお願いします。(・ω・)ノ

皆さん今朝の大雨は大丈夫でしたか??

場所によっては土砂災害の可能性もあるようなので十分注意してください。

 

さて、当院リハビリ室では6月からユニフォームを変更しました(∩´∀`)∩

今まで白衣でしたが、今回から紺色のユニフォームになりました。

image1

雰囲気も変わり、患者さんの反応も上々です。( *´艸`)

中には違和感を感じるスタッフもいますが・・・笑

 これから暑くなってきますが、今年も残り半分、気持ちも新たに頑張っていきましょう(・ω・)ノ