インフルエンザと新型コロナ流行への対策完了

IMG_0013 IMG_0034 IMG_0390 IMG_0388 IMG_0389

宝塚市や神戸市北区での新型コロナの新規発生も治まり、西宮北部周辺での流行はひと段落したようです。

今後11月を過ぎるとインフルエンザが流行し始めます。今年は例年と違いインフルエンザだけでなく、新型コロナではないかという不安がつきまとう特殊なシーズンになります。

そのため、あんどうこどもクリニックでは発熱や咳などインフルエンザと新型コロナの可能性がある受診者は、待合室で待たず、別ルートから直接感染診察室に入るよう対策をとっています。

もともと院内にはエアロシステム35Mという5分で室内のウイルスを完全に除去する空気清浄装置を天井に設置していましたが、さらに増設し5台のシステムが127平米の院内すべての空気を浄化する体制に強化しました。また、ダイキン製のエアコンにHEPAフィルターと同等のウイルス除去力をもつ特殊なフィルターを装着しエアコン自体が空気清浄機としての働きを持つように強化しています。さらに、感染診察室にはもちろん、待合室、診察室、病児保育室、感染症が入室するルートには紫外線殺菌ランプを設置し、診察終了ごとに紫外線照射をしウイルスを完全に分解する対策をしています。院内で感染が拡大することの決してない完全な対策を完了しました。

インフルエンザと新型コロナを同時に検査できる検査キットを購入し、いつ流行が始まっても疑い患者を受け入れられる体制が整いました。疑いがあるために学校や幼稚園、保育園に行けないと言うことはこども達の成長、発達に大きな悪影響があります。正確な診断をして、感染拡大のコントロールをすることで学校生活に支障がでない医療を提供することが当院の使命と考えています。

感染することを恐れて必要な受診、治療が妨げられることのないよう完璧な対策をしています。安心して受診して下さい。






DDまっぷ ドクターブログ 一覧