DDまっぷは全国の病院・診療所・歯科を検索できる病院検索サイトです。

感染症(インフルエンザ)特集2020/ 2021 パンデミックの歴史と新型コロナウイルス

   トップ > 感染症(インフルエンザ)特集2020/ 2021 パンデミックの歴史と新型コロナウイルス
  • DDまっぷ特集 - インフルエンザ特集2020トップページ
  • インフルエンザ特集2020 インフルエンザの特徴と予防
  • インフルエンザ特集2020 インフルエンザ予防接種について
  • インフルエンザ特集2020 インフルエンザの歴史
  • ドクターインタビュー
  • インフルエンザの予防と治療が受けられる病院・クリニック

パンデミックの歴史

日本での流行は少し落ち着いてきましたが、世界的にはまだまだ感染拡大している新型コロナウイルスです。世界的に病気が流行することをパンデミックといいますが、このパンデミックは幾度となく繰り返され、人々の生命を脅かしてきました。

下記の図は、過去に起こったパンデミックの死亡者数をグラフにしたものです。

パンデミックの歴史

一番古いパンデミックは、紀元前430年にギリシャで起こっています。疾患名は記録に残っていませんが、死者数は、7万5000~10万人と言われています。

最も死者数が多かったのは14世紀にヨーロッパで流行したペストいわゆる黒死病で、7500万人の死者が出ました。その次に多いのはスペイン風邪です。スペイン風邪は、新型コロナウイルスが流行し始めた当初、致死率など共通点が多いといわれていました。(スペイン風邪の日本での致死率 第一波:1.22% 第二波:5.29%)
スペイン風邪では当時の世界人口の3分の1が感染し、流行は第三波まであり終息するのに3年かかりました。スペイン風邪と同様に新型コロナウイルスの終息まで3年かかる、とは言い切れませんが、長期化すると予測し対策をしたほうがよいでしょう。

Withコロナ

新型コロナウイルスのワクチンや治療薬は未だ開発中で、感染拡大を防ぐためには、一人一人が感染予防に気を付けなければいけません。

厚生労働省からも、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」という実践例が発表されています。
その中で、感染防止には

  1. 身体的距離の確保(ソーシャルディスタンス)
  2. マスクの着用
  3. 手洗い

の3つが基本であると言われています。 感染防止の基本

厚生労働省ホームページより「新しい生活様式」の実践例

厚生労働省ホームページ「新しい生活様式」の実践例

厚生労働省ホームページ 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」

正しいマスクの付け方

マスク着用といっても間違った付け方だと効果はありません。マスク装着には以下のポイントに気を付けましょう。

【マスク装着のポイント】
鼻と口の両方を確実に覆うこと
ワイヤーを鼻の形に合わせ、鼻の部分に隙間ができないようにすること
頬の部分に隙間ができないように顎までしっかり覆うこと
正しいマスクの付け方

また、マスクの取り外しにも気を付けましょう

マスクの取り扱い
マスクの取り扱い

DDまっぷ特集

ページの先頭に戻る