作成者別アーカイブ: たけ内科クリニック

コロナウイルス流行で思い出したこと

院長の武です。現在のコロナウイルス流行を受けて、約10年前の忘れ得ない個人的な出来事をここでご紹介したいと思います。

2009年いわゆる新型インフルエンザ(H1N1亜型)が世界的に流行しました。日本政府は予防対策として4月28日成田、中部、関西の各国際空港でメキシコ・米国・カナダからの便の機内検疫を開始しました。病院から訳あって選ばれた私は、ゴールデンウイークの中日の蒸し暑い日の朝に、関西国際空港へ向かいました。まず最初に、空港の隣のビル内にある厚労省のオフィスで、厚労省臨時職員に任命され、空港内での検疫業務を経て、午後から機内検疫実施となりました。防護服に着替え、N95マスク、ゴーグルを身につけた私は、看護師、事務官らのチームとともにワゴン車に乗り込み直接滑走路に入りました。タラップの階段を登ると。大勢のマスコミ関係者がカメラで飛行機に乗り込む我々を撮影しているのが見えました。「もしこの便から感染者が出れば、夕方のニュースで映るのかな?でもこの格好では誰かわからへんな。」と呑気な事を考えながら、米国から到着したばかりの機内に入りました。それは沖縄勤務の海兵隊員数百人と米国民間人、日本人らを乗せた米系航空会社の旅客機で、若い兵士たちが、興味津々で我々にカメラを向けてきました。事務官が「No Camera!!」と叫んでも彼らはお構いなしに、映画“アウトブレイク”もどきの日本人一行を珍しそうに撮影していました。最初の検疫業務として、赤外線体温計で乗客全員の検温を行いました。この作業にかなり時間を費やし、2時間ほど経過した頃にはさすがの米兵達も飽きてきたのか、「早く下ろせー」などと騒ぎ始めました。最終的に発熱者のみが機内に残され、飛沫感染しない距離を置いて座らされました。それから医師である私は皆にインフルエンザ検査を行いました。慣れない英語で検査の説明を行い、やや怪しげな手つきで鼻腔に綿棒を差し込みました。その中に小学生位の可愛い米国人の女の子がいて、お母さんに付き添われて不安そうに座っていました。できる限り優しく検査を済ませましたが、終わった後気丈にも涙交じりの眼で微笑んでくれました。それらの検体を臨床検査技師が、CAさんが料理を温めたるする台の上で検査しました。もし陽性が出れば、当人はもちろん、濃厚接触した我々も数日間施設に隔離されることになります。そんな緊張感や防護服の暑さにぐったりしながらも、午後5時過ぎ無事全作業を終了しました。幸い当機からは一人の感染者も出ずに全員が解放されました。例の女の子のお母さんから、「是非記念に一緒に写真を撮らせて欲しい」とお願いされたので、長時間辛抱してくれたお礼にと、女の子と一緒にカメラに収まりました。事務官は見ぬ振りをしてくれたようでした。大変な目にあっても遊び心を忘れない国民性に、思わず癒されました。私はそこでお役御免でしたが、他の係官達は、別便の検疫の手伝いのために、他のゲート目指して走り去りました。彼ら(我々の?)の奮闘もむなしく5月16日に神戸の男子高校生に国内初感染が見つかったことにより、空港における水際作戦は終了となりました。新型インフルエンザはその後、国内でも急激な感染の広がりを見せましたが、医師、看護師、救急関係者、保健所など医療関係者による尽力のおかげで、日本は世界でもまれな著しい死亡率の低さを記録しました。現在の新型肺炎に対して、我々医療関係者は10年前のように一丸となって対処していかなくてはなりません。皆さんも恐れすぎず油断せずで何とかこの苦境を乗り切っていきましょう!!


城東 糖尿病ネットワークセミナーに参加して

院長の武です。6月22日(土)太閤園で行われた、講演会に行ってきました。
一般講演でフレイルとポリファーマシーの内容で、30分ほどの講演をした後、特別講演を拝聴してきました。座長は盟友のすみれ病院小西俊彰先生で、講師は宮崎大学 神経呼吸内分泌代謝学分野教授の中里雅光先生でした。
色々な興味深いお話の中、特に印象に残ったのが、最近はやりのプロテインについてでした。ワークアウトのお供として、またダイエット食品?としてたくさんの種類のプロテインが出回っていますが、65歳未満の方の摂取過剰は、糖尿病やガンのリスクを上げるので、プロ級の運動をするようなアスリートでない限り、あまりメリットはないとのこと。一般人はやはり色々なアミノ酸を肉、魚、大豆などの食品から摂取する方が良いとのことでした。高齢者になると、タンパク質摂取量が激減するので、私もお年寄りの患者さんには肉食の勧め(別に鳥のささみでなくても構いません)をしています。そういえば、100歳近くまで現役並みにお元気な方は、皆さんステーキを好まれていますね。
それから果糖(果物に含まれる糖質)はグルコースを上げないので、低血糖発作を起こした方には効果ありません。また砂糖も半分は果糖なので、糖尿病治療中の方はできるだけブドウ糖を常備しましょう!
他にもためになるお話は沢山でしたが、耳に残ったものをご紹介しました。


年末のご挨拶

4161FD8C-C1E9-454D-9B54-91CEA05F1B1C


看護師の金丸です。

12月、師走という事もあるのかバタバタしてしまうこの頃です。
最近は日中と朝晩の気温の変化に身体がついていけず、体調を崩されている患者さんがクリニックを訪れる事が多くなってきました。
インフルエンザも地域によって出ているとの話を耳にします。

皆さま、乾燥に気をつけて加湿器の使用や洗濯物を部屋干しするなど工夫をして下さい、また疲れた身体をしっかり休ませて下さい。

後数日でクリスマスです。クリニックもしばらくの間は飾り付けも変わりました。
外に出れば綺麗なイルミテーションも目につくようになってきました。

皆さまにおかれましては良いお年をお迎え下さい。
皆さまのご健康とご多幸を祈っております。
一年間ありがとうございました!明年もよろしくお願い申し上げます。


初‼︎職員旅行

2598D908-CEC4-416A-A280-4D014378B84B

7E2595E4-C47A-4147-9D42-A69FBDE9C5E211月末の連休に、開院5周年を記念して初の職員旅行に行ってきました。用事でどうしても来られなかった人以外のスタッフはみんな参加して、有馬温泉に出かけてきました。大型のハイヤーに乗り込み45分程度で到着しました。晩秋の有馬は紅葉も美しく、丁度良い気候でした。イタリアンな夕食や温泉それから部屋飲みの二次会など大変盛り上がりました。普段から仲良くしているスタッフ同士、泊まりという事で日頃の憂さを忘れて?喋って呑んで喋って、とても寛いでくれたようで楽しかったです。帰りには思い思いにおみやげを買ったり、温泉街を散策したりで正午過ぎ

には帰ってきました。次回は是非全員一緒に行きたいものです。この旅行をきっかけにより一層チームワークを磨いて、仕事に活かせたらと思っています。


大阪城ミライザでの懇親会

院長の妻で看護師兼務の武 里佳です。
少し前になりますが8月4日夏の暑い盛りに、大阪城天守閣の隣にあるミライザにて城東区医師会の懇親会がありました。
大阪城の敷地内に入ってから坂道や階段をひたすら登り汗だくになりながら、やっとミライザまでたどり着くことができました。ミライザは旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)跡にあり、ヨーロッパ中世の古城に似せた堂々とした外観で、とても趣のあるたたずまいでした。
とにかく暑くて汗だくだったので、早く飲み物が欲しい〜という状況で、乾杯がどれだけ待ち遠しかったことでしょう。当院からは院長、スタッフ計8名で参加させていただきました。食事も美味しくて、ワインやカクテルも多種揃っていたので、大満足でした。
食後には抽選会もあり、3名がステキな景品が当たってとてもラッキーだったと思います。
おまけに帰りには、淀川花火大会の花火と天守閣のライトアップが同時に堪能出来て、とても楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
医師会の事務局の皆さん、お世話になりありがとうございました。
IMG_1940

IMG_1938


大阪桐蔭の根尾選手について

久々に投稿します。院長の武です。
先日のチーピン台風が去ったばかりの鶴見緑地公園に出かけたところ、珍しいというか恐ろしい風景に出会いました。なんと太い木が幹から折れて倒れていたのです!小枝や葉っぱが落ちるのはわかるのですが、1本だけ見事に折れていました。地震、大雨、酷暑と続く今年の夏の自然災害を象徴しているように思えました。これから日本の気候はどうなって行くのでしょうか?夏の東京オリンピックでマラソンなんか開催出来るのでしょうか?心配になって来ます。さて、なぜ公園に出かけたかというと、子供とキャッチボールをするためです。久しぶりにボールを投げたので、今ごろ身体が痛んでます。もうすぐ夏の甲子園が始まります。猛暑の中でのプレーも選手の無事を祈るのみですが、優勝筆頭候補の大阪桐蔭高校の根尾選手をご存知でしょうか?走攻守に優れ、投手で主力バッター、中学生時代にソフトボールを50m以上投げたというから怪物です。おまけにスキーの大会でも優勝した経験があると言います。成績もオール5とまさに、文武両道のスーパースターです。甲子園で活躍した後はプロに進むのか、大学野球を選ぶのか興味があるところですが、ご両親が医師をされているとの情報もあり、跡を継いで医学部進学もあり得るのではと考えています。各大学の医学部には他の学部とは別に野球部が存在し(わたしも野球部でキャッチャーをしていました)、もし万が一根尾選手がどこかの医学部の野球部に入部する事があれば、どうなるのだろうと、勝手に妄想して興奮しております。医学生レベルなら打てば全打席ホームランもありえますし、投げてもリーグ戦全部完全試合の可能性も否定できません。ただ球が速すぎてキャッチャーが捕れるか57EE98CF-34BA-4A0B-BE50-9824F5175507が心配です。言ってみれば球界の宝ですから私の想像通りにはならないと思いますが、密かに楽しみにして応援したいと思います。脈絡の無い話でしたが、これで失礼します。皆さん夏バテや熱中症にくれぐれもお気を付け下さい。


故郷を遠く離れて

こんにちは!午前の診療補助担当の伊藤です。
桜の花も満開になり、ようやく暖かな春の訪れを感じる季節になりました。
昨年2月からスタッフの一員に加わり、早いもので1年が経ちました。未経験(医療業界)の私が、こうして無事1年を迎えることができたのは、院長はじめスタッフの皆さんの温かいご指導と手厚いフォローがあったからに他なりません。患者さんの皆さまにも、至らない点ばかりでご迷惑をおかけしていることと思います。この場を借りてお詫び申し上げます。
故郷から遠く離れた土地での生活と育児は想像以上に大変で、落ち込むこともありますが、仕事を通して皆さんに出会い、繋がりを持てた事とても嬉しく思っています。とはいえ、東北・宮城出身の私は皆さんから大阪の洗礼をしっかりと受け、刺激的な日々を送っております。院長のボケの返し方がわからず、そんな日は自宅で大阪出身の夫と反省会です。
まだまだ勉強中(笑いについても)ではありますが、患者さんの気持ちに寄り添いながら、心地よい対応ができるよう頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
最後に、朝晩の寒暖の差が激しい時節ですので、体調を崩されないようくれぐれもお気を付けください。IMG_1365


受付の河野です。

受付の河野です。
今年からスタッフの仲間入りさせて頂いております。月日の経つのは早いもので、あっという間に12月になってしまいました。
振り返ってみると色んな楽しいイベントがありました。
春は歩こう会(ボリューミーなケーキ付き)、夏のBBQ、食欲の秋はお肉の会
最後は先日、冬の歳末忘年会を開いていただきました。
どの会も、わきあいあいとおしゃべりしたり、スタッフの家族も交えての会もありアットホームな楽しい時間を過ごせました。

今まで待合室に置いていた頂き物のサボテン。お花が咲いたのは一度きりだと聞いていました。お水をあげながら元気のなさを感じていました。患者さんがお手入れしてくださり先日満開のお花を咲かせました。今とっても綺麗に咲いています。また、別の患者さんは、素敵な手作りのサルノコシカケを持ってきてくださり、待合室を季節感一杯で彩って下さっています。
真心からのお心遣いありがとうございます。

今年も残すところあとわずかとなりました。
患者さんの皆さま、寒い日が続いておりますが、くれぐれもご自愛くださいませ。
image1


城東区医師会70周年を祝う会

久し振りに院長の武です。

焼肉のブログ今見ても美味しそうですね。この蒲生鴫野周辺には隠れた名店が多く、マスコミに取り上げられることも多いようです。皆さんまた行ってみてください!

さて、先日10月28日帝国ホテルにて城東区医師会の設立70周年を祝う会が行われました。戦後約2年で全国の医師会が一斉に出来たそうですが、国民の健康を守るために、戦後の混乱の中大変なご苦労をされた大先輩方に、あらためて尊敬の念を抱きました。式典では限られた来賓の方々のご挨拶と永年勤続者、功労者の表彰があり、会長からは医師会の歴史と、特に大阪府下でもいち早く宅医療に力を入れた事などが紹介されました。続いて記念写真撮影の後、一番広い宴会会場へ移動して食事会が行われました。今回は同伴者1名可能という事で、私も家内と参加しました。お偉いさんの堅いスピーチは一切無く、代わりにOSK(旧大阪松竹歌劇団)の皆さんの素晴らしいステージや豪華商品の当たる抽選会が催され、100名以上の会員、家族が参加した気さくでとても楽しい会でした。城東区医師会は会員同士の仲が良く、医師会主催の勉強会も多く、診診連携(診療所同士の連携)も盛んで、まさに顔の見える連携を実践しています。今回の祝う会を通じてまた多くの先生方と親交を深める事が出来ました。有賀会長をはじめ理事の先生方、スタッフの皆様に深く感謝いたします。E9232FDB-9AD6-45FC-8DA2-2E1B2B57E072

 


秋の食事会

受付の木地です
暑かった夏が終わり、すっかり秋になりました。短い秋の楽しみと言えば、読書の秋に行楽の秋、そして忘れてはいけないのが…食欲の秋です(笑)
先日、院長主催で蒲生にある古民家風のお店で『秋の焼肉の会』がありました。
国産A5ランクのフルコース!!ご馳走になりました。仕事の話や、家族・子供の話など会話も弾み、食べて飲んで(飲めないですが…)楽しい時間を過ごす事が出来ました。
読書の秋はおいといて…(笑)行楽の秋は、毎年友達と恒例にしている京都の紅葉を観に行くという楽しみがあり、短い秋を堪能しようと思っています。
すぐそこに、寒い冬が近づいています。皆さん風邪などひかないように、体調管理に気を付けて下さい。F1C84C39-5E3E-4A1B-A180-7DEB0C64E448