作成者別アーカイブ: 杉浦こころのクリニック

職場のメンタルヘルス(その2)

千里中央大阪府豊中市北摂千里ニュータウン)、心療内科 精神科メンタルヘルスケア科)・復職支援リワークおよびリワークプログラム)協力医療機関「医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「職場のメンタルヘルス」の2回目です。引き続き、職場のメンタルヘルスについて詳しく触れたいと思います。
【続き→】◎職場のメンタルヘルスをめぐる最近の動向(Ⅱ)
●労働者の自殺の増加
⇒わが国では、1998(平成10)年以降、年間の自殺者が3万人を超える状況が続いていたが、企業においても中高年を中心とした労働者の自殺の増加が大きな問題となっています。これに伴い最近では「過労自殺」など従業員の自殺やメンタルヘルス障害の発生労働災害として認定されるケースも急増しています。メンタルヘルス障害等の労災補償状況の推移をみると1983(昭和58)年から1997(平成9)年度までの15年間でわずか11件だった労災認定件数がここ数年間で急速に増加している様子がわかります。労災認定されたケースの半数以上は、うつ病などメンタルヘルス疾患が占めています。1999(平成11)年に自殺も労災の対象とするとした新しい労災認定指針が示されて以降、自殺が労災と認定されるケースも増加しています。
これまで自殺については、故意に基づくものであり業務上の災害とはみなされない傾向が続いていたが、新しい労災認定指針においては「難治性うつ病重度ストレス反応等のメンタルヘルス障害では、病態として自殺念慮が出現する蓋然性が高いとされていることから、業務による心理的ストレスによって難治性うつ病などメンタルヘルス障害が発病したと認められるメンタルヘルス不調者が自殺を図った場合には、メンタルヘルス障害によって正常の認識、行為選択能力が著しく阻害され、又は自殺を思いとどまるメンタルヘルス的な抑制力が著しく阻害されているメンタルヘルス状態で自殺したものと推定し、業務起因性を認めることとする」としています。
さらに最近は、労災だけでなく企業の安全(健康)配慮義務違反を問う民事訴訟の数も急増しています。これについては2000(平成12)年3月の最高裁判決(電通事件)が企業に与えた影響が大きいです。この裁判は、長時間の残業等によってうつ病などメンタルヘルス疾患に罹患し自殺に至ったと考えられるケースにおける会社責任について判断を示したものです。判決では、企業は業務に伴う疲労心理的ストレスによって労働者のメンタルヘルスが損なわれないよう注意する義務(=安全(健康)配慮義務)を負っているが、業務による疲労が誘因となって職場うつ病などメンタルヘルス疾患に罹患し自殺するに至った本事例において、企業は何ら具体的な注意や措置を講じなかったとして企業側の全面的な過失を認めています。またメンタルヘルス不調者本人の生真面目な性格や業務以外のストレスなどメンタルヘルス不調者側の要因メンタルヘルス不調者自身によるメンタルヘルス管理の責任(=自己保健義務)による過失相殺は一切認めることはできないとの判断を示しました。
こういった動きを受け、企業においては、自殺の大きな原因となる職場うつ病などメンタルヘルス疾患への対策が急務の課題として取り上げられるようになっています。最近の研究では、うつ病およびうつ状態などメンタルヘルス不調労働者のメンタルヘルス疾患の47.2%を占め、長期休業者の約7割(70.8%)がうつと診断されたメンタルヘルス不調者であることが示されており、企業におけるメンタルヘルス活動は、労働者のためのメンタルヘルス管理に加えて、企業のリスクマネジメントも含めたメンタルヘルス活動へとメンタルヘルス活動の目的も広がりつつあります。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科メンタルヘルス科)・職場復帰支援リワーク支援およびリワーク支援プログラム)協力医療機関「杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


臨床心理士の吉田です。

ニュースによると、来週には梅雨が明ける見込みだそうです。お祭りや花火大会のシーズンに入りますね。昨年、仕事終わりに歩いていると、淀川花火大会の花火がビルの間からたまたま見え、得をした気分になりました。ちょっとしたことでも楽しみながら、夏を乗り越えたいと思います。
4月より、カウンセリングおよび検査の受付が月曜日から土曜日(水曜・土曜は午前のみ)に拡大しました。
千里中央杉浦こころのクリニックでは、カウンセリング・心理検査でお話をお聴きすることができます。お気軽にご相談ください。


職場のメンタルヘルス(その1)

千里中央大阪府豊中市北摂千里ニュータウン)、心療内科 精神科メンタルヘルスケア科)・復職支援リワークおよびリワークプログラム)協力医療機関「医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回から「職場のメンタルヘルス」というタイトルで、職場のメンタルヘルスについて詳しく触れたいと思います。
職場のメンタルヘルスをめぐる最近の動向(Ⅰ)
●労働環境の変化と増加する労働者のストレス
⇒経済のグローバリゼーションが進展するなか、企業は競争力強化のために幾度ものリストラクチャリングを繰り返し、生産やサービスの効率化を図ってきました。その結果、労働の集約化と高密度化が進展し、職場におけるゆとりの部分はどんどん削られ、過重労働の問題も深刻化しています。また終身雇用制度の終焉と成果主義の導入により、安定的な経済的報酬だけでなく、これまで日本人労働者のワークモチベーションを根底で支えてきたキャリア的報酬や心理的報酬も得にくい状況になり、組織と労働者の関係および職場の人間関係において、さまざまな葛藤が生じやすい状況となっています。
こういった労働環境をめぐる急激な変化に伴い、労働者が感じるストレス疲労も増加しています。厚生労働省が5年ごとに行っている労働者健康状況調査によると、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる労働者の割合は約62%(男性63.8%、女性57.7%)に達しています。不安や悩みストレスの内容としては、職場の人間関係(35.1%)、仕事の量の問題(32.3%)、仕事の質の問題(30.4%)、会社の将来性(29.1%)の順となっています。男女別にみると、職場の人間関係の問題は男性(30.0%)より女性(44.4%)が高く、会社の将来性の問題は男性(34.2%)が女性(19.9%)より高くなっています。
普段の仕事による心身の疲労についても、「とても疲れる」とする労働者の割合は14.1%、「やや疲れる」58.2%であり、これらをあわせると労働者の72.3%が普段の仕事において疲れを感じていると答えています。男女別の割合をみると、男性(70.1%)より女性(75.7%)のほうがやや高くなっています。また、年齢階級別にみると、男性では40~49歳(77.1%)で、女性では30~39歳(78.0%)で、それぞれ最も高くなっています。
仕事のなかでストレス疲労を感じるのはある面仕方がないことではあるが、これらの調査結果は、現在の労働環境は健全なレベルをやや逸脱した状況であることを示しているのかもしれないです。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科メンタルヘルス科)・職場復帰支援リワーク支援およびリワーク支援プログラム)協力医療機関「杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


火・木曜日担当医の葛原です。

全米バスケットリーグのNBAにドラフト指名された八村塁の活躍が楽しみ。1位指名された、ザイオン ウィリアムソンのビデオを見たけど、129kgの体重で120cm近くのジャンプ力は桁外れ!今まで、マイケル ジョーダンぐらいしか知らなかったが、NBAの開幕が待ち遠しいです。
今年の夏は例年に比べて涼しいですが、皆様には特にお変わりないでしょうか?相変わらず職場での人間関係に馴染めず、精神的ストレスにより、夜眠れず中途覚醒早朝覚醒したり、朝がきても熟眠障害疲れがとれなくて起床できず、日内変動など朝のメンタルヘルス不調は続いてませんか?不眠症による生活リズムの乱れ昼夜逆転し、会社へ出勤するのが億劫で、最近遅刻や欠勤・早退など勤怠の乱れが増えてませんか?何とか会社へ出勤できても、朝のメンタルヘルス不調により、気分の憂うつ落ち込み・集中力の低下で、仕事がはかどらずにミスをくり返すなど、仕事のパフォーマンスや業務遂行能力の低下は認められませんか?また、日中の急激な気温上昇や梅雨時の天候不良で、頭痛めまい動悸倦怠感など自律神経失調症食欲不振による体調不良はないですか?夕方以降も漠然とした不安や焦り・イライラなどメンタルヘルス症状が続いてませんか?休日、TVで全米バスケットリーグNBAの試合観戦や気分転換したり、ストレス発散セルフメンタルヘルスケアしてもメンタルヘルス状態が回復せず、更にメンタルヘルス不調の悪化が続く場合、うつ病などメンタルヘルス疾患の可能性もあるため、注意が必要です。メンタルヘルス疾患の早期発見・早期治療や、メンタルヘルス不調で会社を休業・休職する前に、メンタルヘルス全般についてご相談のある方は、是非一度、豊中市 千里中央心療内科メンタルヘルス科)「杉浦こころのクリニック」へ早めにお問い合わせ下さい。


リワーク(復職支援)プログラム(その56)

千里中央大阪府 豊中市北摂 千里ニュータウン)、心療内科 精神科メンタルヘルスケア科)「医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「リワーク復職支援プログラム」の56回目です。引き続き、リワークプログラム復職支援プログラム)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖復職支援成功のカギリワーク成功のカギ)はあせらないこと〗(Ⅷ)
◎職場向け復職支援アドバイスリワークアドバイス)②
~企業向けの職場復帰支援リワーク支援)機関もある~
復職支援のことを相談リワークのことを相談)できる
⇒多くの企業で、メンタルヘルスの不調によって休職するメンタルヘルス不調者が増えています。メンタルヘルス不調者の増加にともない、企業の復職支援の体制リワークの体制)づくりが求められています。
各都道府県に設置されている産業保健推進センターなどでは、企業を対象に、メンタルヘルス専門復職支援スタッフリワークスタッフ)が復職支援の体制づくりリワークの体制づくり)のための復職支援相談に、無料で応じてリワーク相談に、無料で応じて)います。
企業は、復職支援の公的機関リワークの公的機関)でのリワークプログラムを活用復職支援プログラムを活用)して、復職支援に関するリワークに関する)疑問やメンタルヘルス問題を解消しましょう。
『①産業保健推進センター:独立行政法人労働者健康福祉機構が、各都道府県に設置しています。産業医、産業看護師、衛生管理者などの産業保健スタッフが復職支援産業保健スタッフがリワーク)すると同時に、企業に対して職場のメンタルヘルス管理の啓発をしています』
『②メンタルヘルス対策支援センター:2009(平成21)年から産業保健推進センター内に設置されはじめました。メンタルヘルス不調予防から復職支援予防からリワーク)まで、職場のメンタルヘルス対策について、企業の復職支援相談企業のリワーク相談)に応じています』
■社内の復職支援制度リワーク制度)を見直すヒントに
復職支援相談する際リワーク相談する際)には、まず企業側が社内の復職支援制度社内のリワーク制度)をセルフチェックします。休職しているメンタルヘルス不調者メンタルヘルス状態を把握しているか、職場にメンタルヘルスの担当者がいるか、確認してから復職支援相談確認してからリワーク相談)しましょう。
社内の復職支援制度を確認社内のリワーク制度を確認)したうえで、各センターに、企業での望ましい復職支援の体制づくりへのとりくみリワークの体制づくりへのとりくみ)をたずね、復職支援制度の整備リワーク制度の整備)をはじめます。
復職支援施設リワーク施設)などメンタルヘルス科医療機関職場復帰支援機関リワーク支援機関)と連携をとることは、職場のメンタルヘルスの将来や復職支援の将来リワークの将来)によい影響をもたらします。
『③そのほか:保健所や自治体でも、企業や地域を対象に、メンタルヘルス推進の啓発活動をおこなっています。また、民間EAPの復職支援民間EAPのリワーク)が契約企業に対してリワークプログラムの提供契約企業に対して復職支援プログラムの提供)をおこなっています』
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科メンタルヘルス科)「杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


臨床心理士の吉田です。

今週は比較的涼しい日が多く、過しやすくて嬉しいです。
夏は暑くて大変ですが、季節限定の飲み物が多く出ていますので、楽しみながら過ごせたらと思い、いろいろと試しています。些細なことでも気晴らしになると、生活の中にハリが生まれるような気がします。
4月より、カウンセリングおよび検査の受付が月曜日から土曜日(水曜・土曜は午前のみ)に拡大しました。
千里中央杉浦こころのクリニックでは、カウンセリング・心理検査でお話をお聴きすることができます。お気軽にご相談ください。


リワーク(復職支援)プログラム(その55)

千里中央大阪府 豊中市北摂 千里ニュータウン)、心療内科 精神科メンタルヘルスケア科)「医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「リワーク復職支援プログラム」の55回目です。引き続き、リワークプログラム復職支援プログラム)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖復職支援成功のカギリワーク成功のカギ)はあせらないこと〗(Ⅶ)
◎職場向け復職支援アドバイスリワークアドバイス)①
~現場でメンタルヘルス問題や復職支援トラブルリワークトラブル)が起こったら~
リワークプログラム参加者復職支援プログラム参加者)本人の復職支援をサポートリワークをサポート)するいっぽうで、リワークプログラム参加者周囲復職支援プログラム参加者周囲)の社員に復職支援のしわよせリワークのしわよせ)が発生してしまう場合があります。多くのメンタルヘルス問題復職支援トラブルは、あまりにも扱いが不公平リワークトラブルは、あまりにも扱いが不公平)だと同僚が感じたときに起こります。リワークプログラム参加者本人復職支援プログラム参加者本人)の出勤時間を遅らせたり、リワークプログラム参加者本人自身復職支援プログラム参加者本人自身)の仕事量を減らすなど、復職後リワーク後)の軽減勤務の状態が長引くと、復職後の軽減勤務リワーク後の軽減勤務)の影響で、復職支援での負担が増えたリワークでの負担が増えた)同僚から「不公平だ」と不満の声があがりやすいです。メンタルヘルスへの理解復職支援への理解リワークへの理解)を求めることなく、復職支援での負担リワークでの負担)をかけていると、同僚がストレスで爆発してしまいます。職場のメンタルヘルス問題や復職支援トラブルの背景リワークトラブルの背景)に、メンタルヘルス疾患への理解の不足があると、よりいっそう大きなメンタルヘルス問題復職支援トラブルが原因リワークトラブルが原因)となります。職場側のメンタルヘルス問題への対応復職支援トラブルへの対応リワークトラブルへの対応)としては、復職後の慣らし勤務リワーク後の慣らし勤務)や復職後の軽減勤務は一時的な措置リワーク後の軽減勤務は一時的な措置)であることを周知します。次に、上司が妥当な業務指示をリワークプログラム参加者に出し業務指示を復職支援プログラム参加者に出し)ます。業務指示以外のリワークプログラム参加者への「特別扱い」復職支援プログラム参加者への「特別扱い」)はさけます。また、メンタルヘルス不調での休業・休職から復職休職からリワーク)してきたリワークプログラムなどデイケア復職支援プログラムなどデイケア)参加者本人が、ほかの社員の輪に入れず、メンタルヘルス状態が悪化することもあります。同僚がメンタルヘルス疾患を誤解していたり、メンタルヘルス不調者を意識しすぎたりして、メンタルヘルス不調者の顔色をうかがってしまいます。メンタルヘルス不調者への対応としては、すでに復職すでにリワーク)しているのだから、メンタルヘルス不調者に話しかけて大丈夫だが、メンタルヘルス不調者に対する業務はしっかりと伝えます。メンタルヘルス不調者への声のかけ方に悩むなら、まずはメンタルヘルス不調者メンタルヘルス状態をたずねることからはじめます。最初のうちは、上司が1~2週間に1回、メンタルヘルス状態を聞くのがよいです。メンタルヘルス不調者本人は「大丈夫です」というが、メンタルヘルス不調者本人に以前と同じ仕事を任せると、メンタルヘルス不調者本人が残業したり、メンタルヘルス不調者本人が自宅に仕事を持ち帰ったりしてしまいます。かといって、復職後の軽作業リワーク後の軽作業)では復職後の業務負担リワーク後の業務負担)が小さすぎます。復職後の業務負担への対応リワーク後の業務負担への対応)としては、ステップ・バイ・ステップが原則。復職後、少しずつ負荷を上げてリワーク後、少しずつ負荷を上げて)いきます。大きなメンタルヘルス問題復職支援トラブルに発展リワークトラブルに発展)させないために、復職支援チームリワークチーム)でメンタルヘルス問題復職支援トラブルを共有リワークトラブルを共有)し、職場のメンタルヘルス問題復職支援トラブルの解決策リワークトラブルの解決策)を探っていきます。
■同僚にリワークプログラム参加者への不満復職支援プログラム参加者への不満)がたまらないように配慮
復職時リワーク時)に職場でメンタルヘルス問題の原因復職支援トラブルの原因リワークトラブルの原因)となることのひとつが、復職後の負担増リワーク後の負担増)です。リワークプログラム参加者ひとり復職支援プログラム参加者ひとり)が復職時にできないぶんの業務リワーク時にできないぶんの業務)を、ほかの社員が負担するため、職場でのメンタルヘルス問題の悪化復職支援トラブルの種リワークトラブルの種)となります。
もともと職場でのリワークプログラム参加者の人間関係復職支援プログラム参加者の人間関係)が良好ではなく、リワークプログラム参加者の休職復職支援プログラム参加者の休職)によって「迷惑をこうむった」というリワークプログラム参加者への不満が社員の間に残っている復職支援プログラム参加者への不満が社員の間に残っている)場合には、職場でのメンタルヘルス問題の悪化復職支援トラブルはより起こりやすくリワークトラブルはより起こりやすく)なります。
こうした復職後の職場状況リワーク後の職場状況)のなかで、メンタルヘルス問題の更なる悪化復職支援トラブルを防ぐリワークトラブルを防ぐ)には、現場にリワークプログラム参加者への不満現場に復職支援プログラム参加者への不満)がたまらないように、復職後の周囲の負担リワーク後の周囲の負担)について、リワークプログラム参加者本人が理解復職支援プログラム参加者本人が理解)することが大切です。職場に復職職場にリワーク)したリワークプログラムなどデイケア参加者復職支援プログラムなどデイケア参加者)本人と上司は、産業医や人事担当者などの復職支援スタッフリワークスタッフ)らと復職支援相談リワーク相談)しながら、メンタルヘルス対策復職支援対策リワーク対策)を講じていきましょう。
復職後の配慮リワーク後の配慮)が望ましい職種もある
⇒教員や復職支援施設リワーク施設)などのメンタルヘルス科医療機関復職支援施設スタッフリワーク施設スタッフ)、新聞記者、苦情処理担当など、業務に対人関係が大きく関わり、メンタルヘルス不調者ひとりで責任をもたなければいけない職種は、ストレスを抱えやすく、復職後の業務負荷の調整リワーク後の業務負荷の調整)が難しい面があります。
業務での対人関係によるストレスを抱えやすい職場のメンタルヘルス不調者は、復職時に担任教諭にならないリワーク時に担任教諭にならない)、復職時に内勤に変わるリワーク時に内勤に変わる)などの復職支援対応リワーク対応)をしたほうがよい場合もあります。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科メンタルヘルス科)「杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


臨床心理士の吉田です。

ずいぶん遅れて梅雨に入りました。天気が優れない日が多いこと、湿度気温ともに高いことによって疲れが溜りやすいような気がしています。
そんな中、最近はかぼすジュースにハマっています。たまたま見つけて美味しく飲んでいましたが、かぼすはレモンの2倍のクエン酸が入っているそうです。他にも気分がすっきりとするような柑橘系の香りを生活に取り入れるのもいいかもしれませんね。
4月より、カウンセリングおよび検査の受付が月曜日から土曜日(水曜・土曜は午前のみ)に拡大しました。
千里中央杉浦こころのクリニックでは、カウンセリング・心理検査でお話をお聴きすることができます。お気軽にご相談ください。


火・木曜日担当医の葛原です。

長年、観ていたNHKの大河ドラマ、昨日からパスすることに。後半の主役の阿部サダヲのキャラクターが、ワーワー騒いでばかりで、断念しました。日曜の夜の定番が無くなって困ったもんです。
G20大阪サミットも無事閉幕しましたが、皆様にはお変わりないでしょうか?大阪市内にお勤めの方は大変だったでしょうが、その後、職場での人間関係は問題ありませんか?相変わらず人間関係による精神的ストレスが原因で、夜眠れなく中途覚醒早朝覚醒したり、朝になっても熟眠障害疲れがとれなくて起床できず、日内変動など朝のメンタルヘルス不調は続いてませんか?不眠症による生活リズムの乱れ昼夜逆転し、会社へ行くのが億劫になり、遅刻や欠勤・早退など勤怠の乱れが増えてませんか?何とか会社へ出勤できても、朝のメンタルヘルス不調気分が憂うつとなり、仕事がはかどらずにミスをくり返すなど、業務遂行能力や仕事のパフォーマンス低下は認められませんか?また、日中の急激な気温上昇や梅雨時の天候不良により、頭痛めまい動悸倦怠感など自律神経失調症食欲不振はないですか?夕方以降も漠然とした不安や焦り・イライラなどメンタルヘルス症状が続いてませんか?休日、NHK大河ドラマなどテレビ鑑賞で気分転換したり、ストレス発散セルフメンタルヘルスケアしてもメンタルヘルス状態が回復せず、更なるメンタルヘルス不調の悪化が続く場合、うつ病などメンタルヘルス疾患の可能性もあるため、要注意です。メンタルヘルス疾患の早期発見・早期治療や、メンタルヘルス不調で会社を休業・休職する前に、メンタルヘルス全般についてご相談のある方は、是非一度、豊中市 千里中央心療内科メンタルヘルス科)「杉浦こころのクリニック」へ早めにお電話下さい。


臨床心理士の吉田です。

大阪サミットの開催に伴い、市内には全国各地から警察官が集まっており、非日常的な光景が新鮮に感じます。
非日常的といいますと、先日、はじめてのゴルフを体験してきました。たいへん難しかったですが、何かに集中して体を動かすということでほどよい疲労感が心地よかったです。気分転換のために、また新しいことにチャレンジしようと思います。
4月より、カウンセリングおよび検査の受付が月曜日から土曜日(水曜・土曜は午前のみ)に拡大しました。
千里中央杉浦こころのクリニックでは、カウンセリング・心理検査でお話をお聴きすることができます。お気軽にご相談ください。