粘膜下腫瘍(概論) 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

春になり、検診のバリウム検査で「粘膜下腫瘍」の疑いを指摘され
当院にも多くの患者さんが 胃カメラで精査を希望され受診されます。

そこで 今回のテーマは「粘膜下腫瘍」としました。
粘膜下腫瘍のテーマはとても幅広いため まずは今回は教科書的に概論を掲載します。

Q 粘膜下腫瘍って、なに?

その名の通り、粘膜の下(深く)にできた腫瘍のことです。表面は正常の粘膜で覆われた粘膜の下にできた腫瘍とも言えます。
(一方、通常の癌やポリープは、粘膜の表面から発生します。)

粘膜下腫瘍の正体は、GIST(ジスト)や平滑筋腫、脂肪腫、リンパ腫、血管腫、神経内分泌腫瘍、転移性腫瘍、異所性膵など、多くの種類があります。
(GISTは、萩原健一さんの死因としてニュースになりましたね。
また GISTのページを作るようにします)

 

Q 粘膜下腫瘍ができる原因は?

各種腫瘍に様々な遺伝子の変異が起こり発生することが分かっています(一部、特定原因が不明なものもある)が、なぜそのような遺伝子変異が起こるかは分かっていません。

 

Q 粘膜下腫瘍って、どうやって診断するの?

通常の内視鏡検査では、●どこに病変があるか ●大きさや個数 ●色 ●硬さ などから診断を行います。しかし通常の生検(細胞をつまむ)検査では、表面の正常粘膜しかつまめないことも多く診断を確定するのは困難です。

診断を確定させるためには、超音波内視鏡(EUS)と呼ばれる特殊な内視鏡を使って観察したり、吸引針を用いて組織に針を刺して組織を一部吸引回収する方法(EUS-FNA)があります。

そのほかにも CTやMRIなどの画像検査も診断をつける補助になります。

 

Q 粘膜下腫瘍の症状はありますか?

症状はほとんどなく、検診のバリウム検査で指摘されることがほとんどです。

 

Q 粘膜下腫瘍は治療は必要なの?

粘膜下腫瘍には様々な種類があるため、治療方法はその種類によって異なります。また術前に診断が難しく、手術をしてから診断がつくこともあります。

がん診療ガイドライン(日本癌治療学会)より
http://jsco-cpg.jp/item/03/algo.html#gist_algo_1

 

粘膜下腫瘍は幅広いテーマで いろいろな病気が含まれます。
また診断そのものも難しく、治療方法も病名や進行の程度などで大きくことなります。
個人個人によって方針が異なるため 慌てずに専門の先生に相談してみましょう。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。

https://morinomiya-naishikyo.com/

 


血液検査で調べるピロリ菌検査の弱点

ピロリ菌という名前は聞いたことがあるでしょうか?

子供の時(小学生になる前)に口から入り慢性胃炎を起こし、大人になって潰瘍や胃がんを引き起こす悪い細菌です。

ピロリ菌全般について知りたい方は↓まで

https://morinomiya-naishikyo.com/treat/gastrointestinal.html

 

そのピロリ菌に感染しているか調べる方法として、人間ドックを中心に血液検査(抗ピロリ抗体)で調べられることがあります。血液検査で出来るので、通常の採血の時に一緒に調べることができるのですが、いくつか弱点があります。

 

●そもそもピロリ抗体とは何でしょうか?

ピロリ菌に感染すると、体内にはピロリ菌感染を認識して免疫機能が働き「抗体」というものができます。注意が必要なのは、抗体とは免疫物質のことで、“ピロリ菌そのものではない”ということです。

また抗体検査では、抗体が有るか無いかを調べる「定性」検査と、抗体の量(抗体価)を調べる「定量」検査があります。

 

弱点①:除菌治療後の人は使えない。

除菌治療を行いピロリ菌が消えたひとでも、抗体は体に残ります。

ですので、血液検査で抗体を調べると(+)陽性となってしまいます。除菌治療した人は、抗体検査では調べずに、尿素呼気試験など別の方法で調べましょう。(と言っても、大人になってからの再感染はほとんどないのですが…)

 

弱点②:除菌治療が成功したかの効果判定には使いにくい。

除菌治療(1週間の抗生剤内服)が終わり、除菌できたかを調べる必要があります。

その際 抗体で調べることも出来るのですが、除菌後に抗体値が下がるには半年以上かかり、また除菌前と抗体価を比較して調べることが必要です。(抗体があるかだけの定性検査だと、上記の通り(+)陽性となってしまいます)

 

弱点③:陰性でも ピロリ菌に感染している可能性がある。

これまで抗体値を10 U/ml未満が「陰性」と診断されてきました。

しかし検査の精度が上がるにつれて 10U/ml未満の方でも感染していることがわかってきました。

現在は3U/mlまで測定できるようになっているのですが、その間の3~10U/mlの方(陰性高値と言われます)で実は現在も感染している人が10%程度いることがわかっています。

 

ピロリ菌の検査方法はいろいろとあるのですが、どれも一つで完璧な検査はなく、長所と短所があります。症例に応じた使い分けが必要になってきますので、専門医の先生とよく相談しながら検査していくことが大切です。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラをしている内視鏡専門クリニックです。(院長はピロリ学会認定医)
JR森ノ宮駅直結にあるクリニック、大阪市内で京橋、玉造からもアクセス良好です。
胃カメラや大腸カメラでお困り、お悩みの方はご気軽に相談ください。

クリニックのホームページは↓
https://morinomiya-naishikyo.com/

 

 

 


過敏性腸症候群について 若いのに下痢が続いたら…便秘が続いたら… 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

 

若いのに下痢が続く…緊張するとすぐ下痢に…

昔から胃腸が弱くて、ビールとか冷たいものを飲むとすぐ下痢に…

それあは「過敏性腸症候群」かもしれません。

 

【過敏性腸症候群とは】

過敏性腸症候群とは、大腸カメラなどの検査を行っても炎症や潰瘍といった目に見える病気がないのにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満感などの下腹部の不快な症状が続く病気のことです。

はっきりとした原因はまだわかっていないですが、大腸や小腸など消化管の運動異常や知覚過敏、精神的なストレス等が関係していると考えられています。20~40歳代の若い人にもよく見られます。日本においては10~15%程度の方にみられるというデータもあります。

 

【症状】

過敏性腸症候群は、メインとなる症状によって下痢型、便秘型、混合型(下痢と便秘が交互に繰り返す)、分類不能型に分類されます。

下痢型:腸の運動が過剰になることで腹痛や下痢を起こします。外出時に突然、便意や腹痛をきたすことがあり、通勤や通学では普通電車にしか乗れない、試験や会議などの緊張する場面ではすぐに下痢になる、などを訴える患者さんも多くおられます。

便秘型:便秘を主な症状とするタイプです。腸が緊張状態となることで大腸の蠕動運動が減少し便秘となります。よく海外旅行などで環境が変わると便秘になる、というのはこのタイプです。

 

【検査・診断】

繰り返す腹痛が最近3か月間のうち概ね少なくとも1週間に1回以上あり、かつ下記3つの症状のうち2つ以上に当てはまる場合に、過敏性腸症候群であると診断します。

①      腹痛は排便に関係づけられる
②      排便頻度の変化を伴う
③      便形状の変化を伴う

ただし、過敏性腸症候群と似た症状が出る病気として、潰瘍性大腸炎、クローン病といった病気、また大腸のがんなどがあり、臨床的な検査(血液検査や便の検査、レントゲン検査、胃カメラ・大腸カメラなど)を行い、他の病気がないかどうかを評価することも大切です。

大腸カメラについて 気になる方は
以下のページをご覧ください↓

https://morinomiya-naishikyo.com/endoscope/colonoscopy.html

 

【治療】

過敏性腸症候群は、生活習慣(食習慣や睡眠などのライフスタイル)の乱れや、精神的なストレスなどで症状が悪くなることが多いため、まずは生活習慣の改善やストレスの軽減を図ります。また、症状のタイプ(病型)に合わせて薬物治療を行っていきます。

食生活改善:

脂肪分(特に動物性脂肪)の多い食べ物や香辛料などの刺激物をとることが症状を悪化させるきっかけとなることがあるため、控えるようにします。

薬物治療:
生活習慣の改善で症状がよくならない場合には、薬物治療を行います。治療薬は色んな種類があり、患者さんの症状や体質、生活リズムに合わせて選択し、治療するなかで最も適切な薬を見つけていきます。

詳しくは 以下のページをご覧ください。

https://morinomiya-naishikyo.com/treat/ibs.html

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。

鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。

クリニックのホームページは↓
https://morinomiya-naishikyo.com/


胃バリウムで、「ポリープ」よりも「慢性胃炎」が怖いわけ

胃のバリウム検査

皆さんは受けられたことはありますか?

受けられた方は その判定のコメントをしっかり見ておきましょう。

 

クリニックには「ポリープ」と書かれて、癌じゃないのか?と心配になって来られる方がおられます。一方「慢性胃炎」と書かれておきながら、経過観察となっている方もおられます。

 

ポリープと、慢性胃炎。どちらが怖いのか?

ズバリ、「慢性胃炎」です。

 

なぜなら 「胃がんになりやすいのは、ポリープよりも慢性胃炎だから」です。

 

胃のポリープには大きく2種類あります。

良性のほっておいていいポリープ(胃底腺型ポリープ)と、ほっておくと癌化するかもしれないポリープ(過形成ポリープ)です。

胃底腺型ポリープは、ピロリ菌のいない健康な胃にできることがあり、これはほっておいても通常問題はありません。もちろん、バリウムだけで両者を確実に判別することはできないのですが、胃底腺型ポリープのほうが多く、また胃も健康なため経過観察しておいていいケースが多いのです。

 

一方、慢性胃炎は放置してはいけません

慢性胃炎の原因の多くはピロリ菌の感染が原因です。

小児期に口から入ったピロリ菌が、ずっと胃の炎症を起こして、胃粘膜の変化(ザラザラになったり、ひだがなくなる)を起こすのです。その荒れた胃粘膜から胃がんが起こりやすいのです。

ピロリ菌に感染していると自然に菌が消えることはなく、胃炎を増悪させます。少しでも早い段階でピロリ菌を除菌することで、それ以上の胃炎を治める、つまり胃がんになるリスクを減らすことができるのです。

 

胃バリウムで「慢性胃炎」のコメントが書かれたいたら、早めに胃カメラを受けるようにしましょうね。

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。


内視鏡検査の保険適応と自費(ドック)の差

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

大阪市 JR森ノ宮駅直結のビエラ森ノ宮3Fで
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸内視鏡を行っています。

今回のテーマは「内視鏡検査が保険が適応されるか?」です。

よく患者さんから質問がありますので、ここで簡単に説明します。

内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)が保険適応があるのか、ないかの判断ですが、それは「症状があったり、検査結果で異常があるか」どうかということになります。病気が疑われる場合には、検査にも保険が適応されます。
(検査結果や、紹介状がある場合は、忘れずに病院に提示ください)

 

一方

「●歳になったから」「友達や親が、がんだったから」「心配だから」ということで検査を希望しても、それは保険が適応されません。

自費(ドック)ということになります。

例えば人間ドックでは 自分の希望でいろいろオプションをつけて検査ができますよね。
でもそれはすべて自費になります。その費用は、各病院が独自に決めることができます。
(一方、保険診療の費用は、国によって決められています)

決して、「クリニックや病院で検査するから保険が適応される」というのではありませんのでご注意ください。

 

ちなみに。

クリニックや病院で診療を受けた時、保険が適応されると皆さんの多くは治療費の3割を払いますよね?では残りの7割は病院はどうしているか ご存知でしょうか?

それはクリニックが支払機関に「残り7割分をください」と申請しているのです。そしてそれは100%認められるわけでなく、診療の中身をチェックされて査定されるのです。行き過ぎた診療(検査や投薬)にはお金がもらえないのです。役所は、こういった行き過ぎた診療が行われていないかチェックしているのです。国も上昇し続ける医療費を、できるだけ削ろうという必死です。ですので、病院もそれに適合した診療をしないといけないのです。

 

保険適応される、されないの違いの解説でした。

(実際はもっと深いのですが、簡単に書くとこんな感じです)

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページは↓
https://morinomiya-naishikyo.com/


ピロリ菌陽性と指摘されたら、胃カメラをしないといけない理由

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

検診でピロリ菌が陽性といわれて治療したいのですが、胃カメラが必要と言われたのですが、本当ですか?

こんな電話での問い合わせがありました。

答えは…

はい、胃カメラが必要です。でなければ保険適応にならず、自費になります

 

では その理由を解説します。

 

ピロリ菌に感染すると慢性胃炎を起こします。そして潰瘍や胃がんの原因になります。

簡単に書くと 「ピロリ菌感染→慢性胃炎→胃がん」となります。

もしも胃がんになると、手術や抗がん剤で莫大な費用がかかることになります。つまり国からとっても医療費がかかることになるのです。

そこで国の方針として2013年から

ピロリ菌陽性で胃炎になってはいるけど、胃カメラで胃がんになっていないと証明された人には、胃がん予防としてピロリ菌治療や検査を保険適応しましょう」となったのです。

 

ちなみに胃バリウムでは このルールは適応されません

「胃カメラをして」証明する必要があるのです。

 

ですので 人間ドックや検診などでピロリ菌が陽性と分かった場合には

胃カメラを受けて、早いうちにピロリ菌治療を始めましょう。

ピロリ菌治療は早いうちにするほうが、胃がん予防効果が高いことが証明されています。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラをしている内視鏡専門クリニックです。

JR森ノ宮駅直結にあるクリニック、大阪市内で京橋、玉造からもアクセス良好です。胃カメラや大腸カメラでお困り、お悩みの方はご気軽に相談ください。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページは↓
https://morinomiya-naishikyo.com/


胃がん、大腸がんに罹患する数 2018年9月最新版

【2014年 がん罹患数は86.7万例に増加】

2018年9月15日 国立がんセンターより発表がありました。

https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0915_02/index.html

2014年に新たに、がんと診断された症例が全国で86万例以上で増加傾向にあります。(前年が84.9万例)そのうち男性が50万 女性が36.6万例でした。

部位別だと、

男性が>肺>大腸>前立腺>肝臓

女性が乳房>大腸>肺>子宮

と、胃がん、大腸がんは上位3位には入ってきます

 

胃がんの予防にはピロリ菌治療、大腸がんの予防にはポリープ切除が今の医療では大事だとされています。

これからも楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラで早期発見に努めるとともに、ピロリ菌治療、大腸ポリープ切除で、胃がんと大腸がんの予防にも努めていきます。

 


がんを防ぐための新12か条 やはり食事と運動は基本中の基本

日常の診療の中で、よく患者さんに食事や運動の話をすることがあります。

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターがまとめた「がんを防ぐための新12か条」が、がん研究振興財団から2011年に公開されており、それを掲載させていただきます。

すべてのがん治療の基本となる項目ですので 一度チェックしておきましょう。

1.たばこは吸わない

2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから

(詳しい説明はがん研究振興財団のホームページを参照してください。)

特に食事に関しては、3~6で書かれています。どれも「当たり前」のことかもしれませんね。
テレビでは よく「●という病気には■という食べ物がいい」と言って興味をそそりますが
やはり大事なのは「バランス」です。
胃炎の方には、よく「塩分は控える」ように指導しています。
塩分は 胃の粘膜を直接障害を起こすためです。
でも 胃がん予防に一番大事なのは「ピロリ菌」の治療なんですけどね。

アミノインデックスと胃がん、大腸がんの関係

アミノインデックスについて

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

最近になり、人間ドックで行われる機会の増えたアミノインデックスについて解説します。

 Qアミノインデックスとは何か?

健康状態によって血液中のアミノ酸のバランスが変わることを利用したもので、各種のがんの患者さんのアミノ酸パターンがある。
血液検査でそのアミノ酸パターンを分析することで、現在、がんである可能性を評価する検査のことです。(がんを見つける検査ではない) また一度の検査で、複数のがんのリスクを調べることができる。

 

Qアミノインデックスの評価は?

ランクABCで判定します。 A<B<Cでがんの可能性が高い。

ランクA:がんのリスクは低い⇒定期健診やドックを

ランクB:がんのリスクが1.5倍程度高い⇒通常のがん検診を
(胃がん:バリウム検査 大腸がん:便潜血検査)

ランクC:がんのリスクが高い⇒精密検査を
(胃がん:胃カメラ 大腸がん:大腸カメラ)
胃がん:約10倍 大腸がん:約8倍 通常に比べてがんのリスクあり

Q アミノインデックスの特徴は?

①     一度の採血(5ml)で、複数のがんの検査ができる

男性:胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん
女性:胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん

②     早期のがんにも対応(腫瘍マーカーとの違い)

注意点としては、けっして「がんがどうか診断する検査ではない」ということです。
あくまで がんになっている可能性が高いかどうか。
とはいえ、血液検査で調べることができるので 気になる方は検査してみるのもアリかと思います。(保険適応外で、約3万円ほどかかります。当院では採用しておりませんのでご注意ください)

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。

https://morinomiya-naishikyo.com/


私の子供にもピロリ菌がうつっているの…?

当院には 30歳~40歳の方が多く胃カメラを受けに来られます。

検診でたまたまピロリ菌検査で陽性になったり、胃カメラでピロリ菌感染が分かったりと様々な経緯で「ピロリ菌感染」を知ることになります。

そこでハッと「自分の子供にもピロリ菌がうつっているかも…」と不安になる人が多くいらっしゃいます。

まず 感染しているかしていないか。これは症状だけでは分かりません。検査してみないと分からないのです。そもそもご自身も、30歳~40歳で初めて、自分がピロリ菌に感染しているのを知ったわけです。

そこで「子供にすぐ検査したほうがいいですか?」と聞かれます。

答えは「なんとも言えない」です。ピロリ菌の検査には、尿や便で調べる方法があります。ほかにも尿素呼気試験という息を専用バックに吐いて調べる方法もあります。自治体によっては、中学生や高校生を対象に調べているところもあります。しかし、保険では認められず自費での検査になります。

そして「自費でもいいから検査受けさせたいのですが、どうでしょうか?」と聞かれます。答えは「検査だけならいいですが…」です。

というのも、もしもピロリ菌がいてることが分かったとしても、小児には「ピロリ菌治療薬の保険が通らない」のです。国で認可された薬がないのです。
それ以外にも、小児期に除菌したとしても「再感染する可能性がある」のです。
一般的にはピロリ菌は2~5歳までには感染していると考えられています。
大人では感染しないと考えられています。しかし、小学生なら、中学生なら…というデータがないのです。

保険以外にも、耐性菌の発生する恐れや、薬の副作用の問題など、いろいろとあります。

お子さんが小学生くらいであれば様子を見つつ、成人になってからでも症状があれば早めに専門クリニックに行くように。その時でも遅くはありませんよ。と 当院では説明しています。

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラを行う内視鏡クリニックです。
ピロリ菌除菌治療にも積極的に取り組んでいます。

 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページは↓
https://morinomiya-naishikyo.com/