便潜血検査は なぜ2日に分けて取るのか?

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

今回のテーマは「便潜血検査」です。

 

その中で「なぜ2回取る必要があるのか?」について解説します。

それは 大腸がんに便がこすれても 血が出て付くときと、付かないときがあるためです。

2日法は、1日法より感度が高く、特に大腸早期がんでの感度が1日法より高いと報告されています。

(2日法61.3%>1日法41.4%)

逆に3日法は2日法とそれほどは感度は変わらず、特異度が低下するため、その欠点の法が大きいとされています。

 

分かりやすく言いますと。

早期の大腸がんの場合は、必ずしもずっと出血していない事があり、2日検査することで どちらかが陽性と引っかかってくれることがあるということです。(本当に大腸がんの人をひっかけてくれる確率が増える)

逆に、進行した大腸がんの場合は、常に出血している場合が多いため、2回とも便潜血陽性になりやすいのです。

3日検査をすると 当然 より大腸がんの人をひっかけるのですが、2日法と実はそれほど変わりがなく、逆に大腸がんではない人がよりたくさん引っかかってしまう(特異度が下がる)ということになるのです。

 便潜血が1回陽性でも、大腸カメラを受けないといけないのか?

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラをしている内視鏡専門クリニックです。JR森ノ宮駅直結にあるクリニック、大阪市内で京橋、玉造、東大阪からもアクセス良好です。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページ】は↓↓↓まで
https://morinomiya-naishikyo.com/

 

 

 






DDまっぷ ドクターブログ 一覧