子宮頸がんワクチン

十分な安全性が立証されたワクチンです。接種後に神経症状などか出るという患者さんの報告がありましたが、数多くの研究で無関係であることが分かっています。まだ元の接種体制までは戻っていませんが、再開の方向にようやく動き始めました。当院としてももちろん接種を推奨します。今年度の最初に市の広報にも接種可能施設として登録されていますが、コロナ禍により、診察時間内の接種枠を削っているため(感染症症状の子とワクチンで来院する子とが交差しないように)、子宮頸がんワクチンまで手がまわらなくなっているのが実情です。申し訳ありませんが、内科や産婦人科での接種をお願いいたします。

LINEで送る

新型コロナ検査について

冬に向かって新型コロナ患者数は増えていく公算が高そうです。当院では新型コロナの検査はできませんので、「濃厚接触者」や「強い疑いのある児」は発熱相談窓口に電話の上、指示を受けて頂くようお願い致します。また「発熱のある大人の方」も診察は行っておりません。内科で相談、受診をして下さい。

新型コロナ受診相談センター
06-7166-9911(終日対応)

また大阪府では新型コロナにまつわる心の不安を聞いてくれる窓口が置かれています。誰かに聞いてもらうだけで少し楽になることもあるかもしれませんので、つらい時は電話をしてみましょう。

《相談電話番号》    0120-017-556 (フリーダイヤル  まるいな  こころ)
《開設期間》    令和2年10月1日~令和3年3月31日 (毎日 午前9時30分~午後5時  土日・祝日・年末年始も無休で実施)

LINEで送る

森林浴

待合室に香りのよいヒノキのウッドチップを置いてみました。ペンギンさんの柄のポーチに入れて配置しています。ほのかに森の香りがして、リラックス効果を我々スタッフも感じています。木材ですから、花粉症の方も心配はいりません。

LINEで送る

ワクチン接種間隔が変更になります

10月1日から、ワクチン同士の接種間隔が変更になります。

今までは生ワクチン(ロタ、BCG、MR、水痘、おたふくかぜ)を接種した後は4週間他のワクチンは受けられない、不活化ワクチン(インフルエンザ、ヒブ、肺炎球菌、四種混合、B型肝炎、日本脳炎など)を接種した後は1週間他のワクチンは接種できないというルールでした。

それが、種類の違うワクチンなら、原則間隔を空けなくても接種できると一気に制限がなくなります。

例えば、今朝A病院でMR・水痘・おたふくかぜを接種して、午後にB病院でヒブを接種するとか、昨日保健センターでBCGを接種して、本日当院でB型肝炎を接種するなどが可能になります。

唯一の例外として「生ワクチンと生ワクチンの間のみ4週間空ける」というのだけ注意が必要ですが、当院での一般的なスケジュールでは生ワクチンを2回連続で接種することはありませんので特に心配は不要でしょう。

これにより、当院のようにインフルエンザワクチン枠と一般ワクチン枠が別になっている医療機関が最も恩恵を受けます。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンですので、前日や当日に他にどんなワクチンを接種していても接種が可能になり、またインフルエンザを接種した後、どんなワクチンでも接種することができます(ほとんどないと思いますが、生ワクチン⇒インフル⇒生ワクチンという時に、生ワクチン同士が4週以上空くのだけは注意)。

つまり、一般ワクチンとインフルエンザワクチンは、まるでお互い無関係な作業のように全く独立してスケジュールを立ててよいということです。

この変更を当院で把握する前にインフルエンザワクチンと一般ワクチンとのスケジュールの兼ね合いを相談して頂いた親御さんには、従来の間隔を空ける必要がある前提でのアドバイスをしていましたが、今後は難しく頭を悩ませる必要がなくなって、とても分かりやすくなりました。

これから予約をされる方は参考にして下さい。

LINEで送る

子育てその31 愛すべきバカ息子達の華麗なる軌跡

意地でもさざえ持ち帰るマンな次男(小1時)。

IMG_0137IMG_0138

 

ただただ、下ネタを連呼したいだけの豆まき作文。鬼役のバスの運転手のおっちゃんまじ不憫。次男(年長時)。親の顔が見てみたい。

IMG_0136

長男(小2時)が休み時間2週間分を投入した大作漫画。てきの妙な歯茎と足の長さに腹筋崩壊必至。

IMG_0142 IMG_0141 IMG_0143 IMG_0145 IMG_0144

 

長男(小1時)の日記。何だか独特の口調でね、お届けしたみたいなんですよ。

IMG_0140 IMG_0139

 

次男(小1時)の作品。まあ小1ならこんなもんかと思って裏の名前確認したら長男(小5時)の作品であることが判明し、びっくりしすぎて変な声出た。小5でこれは右脳が壊死していると思われる。

IMG_0281

 

 

長男(小6)の浜学園のノート。リトライってことは戦場において、すでに一度やられてるやろ。

B6F6D652-9C5D-4B8D-8099-59752655D8D8

 

長男(小6)の風鈴。彼女がそんなに激しいタラコ唇やったとは知らなんだ。

b

 

 

パソコンを駆使して長男(小5時)がくれた誕生日プレゼント。なかなかセンスある。送り主の自分に天才を付け忘れないところも細かい。

IMG_0146

 

LINEで送る

後期健診・一般ワクチンのネット予約について

2020年10月1日受診分より、後期健診・一般ワクチン予約もネットで事前予約をしていただく仕様になります。8月1日10時から予約手続きができるようになります。なおインフルエンザワクチンは9月1日10時からネット予約開始となります。

この日(10月1日)からロタワクチンも公費となり、0歳台で接種すべきワクチンが全て無料化されるため、全員の接種スケジュールが統一されるのを機に予約システムを変更させて頂くこととしました。ロタワクチンが無料になるのは2020年8月以降に出生した児です。

また、同時に10月1日からワクチン同士の間隔も従来のように生ワクチンなら4週間、不活化ワクチンなら1週間と空けなくてよくなりました。これにより、一般ワクチンとインフルエンザワクチンとのスケジュールの兼ね合いを調整する必要がなくなり、それぞれ無関係な独立した作業のように進めることが可能となりました。

予約は3日後~2か月後(62日後)まで可能ですが、「手続きした日の月齢」ではなく、来院当日の月齢が大事ですからよく確認をして下さい。ネットからのキャンセル、変更は5日前まで可能です。

後期健診は水曜日14時〜15時のみです。

ワクチン専用枠は火曜日14時〜15時(第5火曜日はなし。日によっては13時〜15時半のこともあり。)、金曜日14時〜15時、第1、3、5土曜日14時〜16時です。水曜日、金曜日は午後診察時間内にも少し枠を設けています。

土曜日は、院長以外の小児科専門医が担当し、健康相談、処方、鼻汁吸引などはできません。純粋にワクチン接種のみ行います。

ワクチンは3から番号を振っていますが、順調なら3から16まで順番にこなしていくことになります。イレギュラーな場合は18以降から選択して下さい。(運営の都合上、1や17など欠番があります。)

当院ではロタワクチンは2回接種のロタリックスを採用しています。ロタテックは接種できません。

下記のどれにも当てはまらない組み合わせの場合は電話でご相談下さい。

2  後期健診

注意点:無料。当日に0歳9か月から1歳未満であること。水曜日14時~15時のみとなります。市町村から配布されている後期健診票を必ず持参して下さい。なければ受診できません。一人あたりの時間を十分取るために枠がかなり限られておりますので、一杯の場合は他院で予約をお願いします。予約当日に来院できなかった場合は別の日の再予約はお断りさせて頂いております。園や学校などの健康診断はこの枠ではなく、診察時間内に対応します。

3  ロタリックス⑴、ヒブ⑴、肺炎球菌⑴、B型肝炎⑴

注意点:無料。赤ちゃんのワクチンデビュー!!当日が0歳2か月~0歳3か月未満であること。ロタリックスは生後15週未満で初回を接種する必要があるので、もし予約が一杯で0歳3か月を越えてしまう場合は確認がいりますから電話で連絡を下さい。(ロタワクチンが無料になるのは2020年8月以降に出生した児です。)

4  ロタリックス⑵、ヒブ⑵、肺炎球菌⑵、B型肝炎⑵、四種混合⑴

注意点:無料。0歳3か月を越えており、かつ前回から4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。ロタリックスは2回目で終了ですが、生後24週までに接種を完了する必要があります。(ロタワクチンが無料になるのは2020年8月以降に出生した児です。)

5  ヒブ⑶、肺炎球菌⑶、四種混合⑵

注意点:無料。前回から4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。

6  四種混合⑶、BCG 

注意点:薬液の準備、接種後の乾燥などの手順が他のワクチンより時間がかかり、枠をたくさん用意できないため、生後最初からのワクチン3回(3、4、5)全て当院で接種した児のみ、5の終了時に窓口で予約を受け付けています(ネットでは予約不可)。院内に1時間~1時間半ほどいて頂くことになります。そのため一般枠ではなく、火曜日~金曜日の朝8時半に専用枠を設定しています。

7  B型肝炎⑶

注意点:無料。B型肝炎⑴から20週以上経過しており、かつ四種混合(3)・BCGから4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。順調に進んでいれば0歳7か月~8か月頃になります。B型肝炎は3回目で終了で、今回で1歳までのワクチンは全て済みです。

8  MR⑴、水痘⑴、おたふくかぜ自費⑴

注意点:1歳になったらすぐ接種しましょう。MRと水痘は無料。おたふくかぜは自費で6350円必要ですが、必ず接種した方がよいです。子育て応援券も活用しましょう。おたふくかぜを希望されない場合は18または19を予約して下さい。

9  ヒブ⑷、肺炎球菌⑷

注意点:無料。ヒブ⑶から7か月以上経過しており、かつMR・水痘・おたふくかぜから4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。ヒブ、肺炎球菌は4回ずつで終了です。

10  水痘⑵、四種混合⑷

注意点:無料。標準的には水痘⑴から6か月以上経過しており(期限が迫っている場合などは最低3ヶ月以上空ければ可)、かつ四種混合⑶から1年以上経過していること。順調なら1歳半過ぎくらいになります。1歳7か月健診の際、これらを接種しているか確認しましょう。水痘は2回で、四種混合は4回で終了で、これで3歳までに接種すべきワクチンは全て済みです。3歳を越えると水痘は有料。7歳半を越えると四種混合は有料。

11   日本脳炎⑴ 

注意点:無料。1期初回1回目。3歳になったらすぐ接種しましょう。1期は計3回接種で、7歳半を越えると有料。

12  日本脳炎⑵   

注意点:無料。1期初回2回目。⑴から1週間以上空けると接種できるが、標準は3~4週以上空けて接種。

13  日本脳炎⑶

注意点:無料。1期追加。⑵から1年空けて接種。順調なら4歳台のはずです。7歳半の期限が迫っている場合などは6か月以上空ければ接種できます。

14  MR⑵、おたふくかぜ自費⑵

注意点:年長の学年で接種。MRは小学校入する4月になると有料になるので注意。おたふくかぜ2回目(6350円)も忘れずに一緒に接種しましょう。MR、おたふくかぜとも2回で終了で、これで小学校入学までに接種すべきワクチンが全て済みとなります。

15  日本脳炎⑷

注意点:無料。2期。9歳になったらすぐ接種しましょう。13歳になると有料になるので注意。日本脳炎は4回で終了です。

16  二種混合

注意点:無料。11歳以上13歳未満で接種ですが、忘れる子が多いので注意しましょう。二種混合は1回で終了です。2期の日本脳炎(9歳~13歳未満)の打ち忘れがある場合は同時接種の28を予約して下さい。

18  MR⑴、水痘⑴

注意点:無料。1歳から開始のワクチンの際、おたふくかぜ自費を希望されない方で最後に接種したヒブから7か月以上空いていない児はこのメニュー。

19  MR⑴、水痘⑴、ヒブ⑷、肺炎球菌⑷

注意点:無料。1歳から開始のワクチンの際、おたふくかぜ自費を希望されない方で最後に接種したヒブから7か月以上空いている児はこのメニュー。

20  MR

注意点:年長の学年の4月から3月末までの1年間に接種する場合は無料。1歳以上2歳未満で接種する1期や、この年長の2期を逃した方は有料になりますが、特に麻疹は命に関わる可能性が十分ある感染症ですから必ず計2回接種しましょう。

21  おたふくかぜ自費

注意点:6350円。2年以上空けて計2回接種しましょう。標準は1歳時と年長児で、MRと一緒に接種すると考えると分かりやすいでしょう。

22  水痘

注意点:3歳未満は無料。2回接種しましょう。3歳を越えて1回しか接種していない方も是非8400円の自費で2回目をお勧めいたします。1回目から6ヶ月以上空けて接種(最低3ヶ月以上空ければ可)。

23  B型肝炎(1歳以上で自費の児)

注意点:1歳を越えると自費になります。10歳未満 5250円/回、10歳以上 6350円/回。3回接種しましょう。低年齢で接種するほど抗体獲得が良好というデータがあります。

24  四種混合

注意点:7歳半まで無料。計4回接種。

25  MR⑵、日本脳炎

注意点:年長の学年で接種する無料MR⑵の際に、日本脳炎1期計3回接種が完了していない場合はこのメニュー。MRは小学校入学の4月になると有料、日本脳炎1期は7歳半を越えると有料。

26  MR⑵、おたふくかぜ自費⑴

注意点:年長の学年で接種する無料MR⑵の際に、おたふくかぜ接種開始を希望される方はこのメニュー。おたふくかぜは自費で6350円。

27  MR⑵、日本脳炎、おたふくかぜ自費

注意点:26にさらに日本脳炎1期計3回接種が完了していない場合はこのメニュー。MRは小学校入学の4月になると有料、日本脳炎1期は7歳半を越えると有料。

28  二種混合、日本脳炎

注意点:11歳以上13歳未満で接種する二種混合の際、日本脳炎2期が未接種の場合はこのメニュー。無料。

LINEで送る

子育てその30 謀反

今朝、次男のノート見て指導しておりましてね。
「数字もっと揃えて書かないと。綺麗に整えて。」
ほんとにふとした出来心で、「パパの顔みたいにな。」ってめっちゃ小さい声でポソって言ってしもたんです。
横にいた長男から、「いやー、パパの顔はほぼ応仁の乱っしょ。」というよく分からないけど殺傷能力の高い言葉の暴力を受けまして。
長男を「絶対処すリスト」に載せました。

LINEで送る

マスクの副作用

前回、何かをすることには必ずメリットだけでなくデメリット、すなわち副作用を伴うこと、そして感染対策も例外ではないことをお話ししました。
今回は世界中の人達が一斉にマスクを着用するようになりはっきりしてきたマスクによる副作用について記します。

まずいつもお伝えしているように、一般の方が通常の機能のマスクをするメリットは、少しの守備力アップと大幅な攻撃力のダウンです。
理論的には全く無症状で健康な人が常時マスクをすることには大きな意味はないかもしれませんが、軽い症状を意識していないだけかもという観点からつけられる人が全員つけておくというのはそれほど悪い作戦ではありません。
一方で副作用として、熱中症や窒息のリスクがあり、実際に報告が増えてきました。
人間は呼気から常時結構な量の余計な熱を外に排出しているのですが、マスクでそれが邪魔され熱がこもってしまうのです。
元々マスクを使う文化のある日本でも今まで冬のインフルエンザシーズンや春の花粉症シーズンの着用が主で、真夏に屋外でつけることはほとんどなかったためそれほど意識されていなかった副作用と言えます。
また、運動時の着用や、年少児では咳き込んでの嘔吐物などにより窒息や死亡例が報告されています。
これを受け、少なくとも2歳未満の児はつけるべきでないという強い勧告が各学会からも通達されました。
医学的な観点からだけでなく、集団生活の中でも4〜5歳前後くらいまでは現実問題としてしっかりつけるのは難しそうと多くの保母さんや園の先生方、保護者の方は実感しておられると思います。
園や学校がほぼ完全再開して3週間、小学校以上の児は免疫が高いこともありますが、手洗いやマスク着用、給食時の対策が大きく効果を発揮してほとんど熱の子は受診していません。
未就学児に関しては、三密でもあり、マスク着用も年長さんくらいしか難しくやはり様々な感染症の子の受診が増え始めています。
ゼロリスクを追い求めるのは不可能ですから、これらの世代の子は熱が出たり、咳や下痢がひどい間はしっかり休むという今までと同様(あるいは若干厳しめに)の方針でやっていくしかないようです。

LINEで送る

今後の院内での感染対策について

大阪も緊急事態宣言解除からこの週末で1か月を迎えることになります。
コロナとの闘いは長丁場で、これからまだ年単位で続いていくでしょうからまだまだ油断は禁物ですが、日本のみんなが一丸となって対策をした結果として今のところとてもうまくいっていると思います。
「Stay Home」によって、コロナだけでなくあらゆる感染症がいったん激減し、当院を含めて医療崩壊をきたすことなく色々な対策をする時間を数か月かせぐことができました。
今後の見通しとして、経済と教育を回していくに伴い、コロナとその他の感染症がまた次第に増えていくことになります。
コロナはどうも撲滅に向かう感染症でなさそうですので、これは避けられないことです。
コロナがいない平和な世界というのは非現実的で、「コロナの患者さんは毎日そこそこ発生しているけれど、経済はそこそこ回っており、教育もそれなりに機能しており、医療が何とか回っている状態」という「With Corona」が目標になります。

さて、新型コロナという未知の敵が現れてすぐの情報が乏しい時期には、欧米での惨事を目の当たりにしながら大げさに、少し過剰なくらい対策するのは非常に適切な選択でした。
日本全体レベルで言えば、外出自粛、学校の停止、仕事であっても県外への移動の抑制などがそれに当たります。
当院レベルで言えば、体調不良の児は全てコロナ疑いとして車の中やテントで診察をしていたというのがそれに当たります。
しかし感染対策もやればやるほどいいという訳ではなく、必ず副作用を伴います。
それは日本全体レベルで言えば経済の大停滞や教育の大幅な遅れであり、当院レベルで言えば、テント内の診療に伴う熱中症のリスクであったり、設備のための費用であったり、診察のための手間の増大であったりします。
だんだん時間がたつにつれて、おそらくたくさんの要因が積み重なって日本での被害は欧米諸国よりずいぶん小さく(今のところというだけかもしれませんが)済んでいることが明らかになってきました。
これからはリスクに応じて、慎重に色々な規制を緩めていく必要があります。

当院でもテントは一定の役割を果たしたと考え、今後は院内での診療にシフトしていきます。
少しでも鼻水や咳があれば隔離対応をしていましたが、マスクをしっかりできる年齢層ではそこまでの対応も不要と考えられますので、⓵熱のある児、ぐったりしている児、⓶咳がひどい児、⓷ひどくない咳ではあるがマスクが不十分な未就学児、⓸その他、嘔吐など周囲への影響がありうると考えられる児を隔離対象とします。
さらにフードコートでよく活躍しているような呼び出しベルも手に入りましたので、車でお越しの方はそこを安全な個室の待合室としてお待ち頂き、とにかく院内にいる時間を減らすことも可能になりました。
ベルは毎回新品の袋に入れてお渡ししていますので、多数の人が触ったものを持つ心配も不要です。
また、ある程度消毒液が届く状態になってから行っているエントランスでの患者さん全員の手指消毒も今後もずっと継続していきますのでご協力をお願いいたします。

コロナの時代に大事なのは一貫した方針とか決意ではなく、激動する変化に柔軟に対応していく臨機応変さで、医療機関は最もそれを求められる施設と考え対策を続けていきます。

LINEで送る