カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

子宮頸がんワクチン

十分な安全性が立証されたワクチンです。接種後に神経症状などか出るという患者さんの報告がありましたが、数多くの研究で無関係であることが分かっています。まだ元の接種体制までは戻っていませんが、再開の方向にようやく動き始めました。当院としてももちろん接種を推奨します。今年度の最初に市の広報にも接種可能施設として登録されていますが、コロナ禍により、診察時間内の接種枠を削っているため(感染症症状の子とワクチンで来院する子とが交差しないように)、子宮頸がんワクチンまで手がまわらなくなっているのが実情です。申し訳ありませんが、内科や産婦人科での接種をお願いいたします。

LINEで送る

森林浴

待合室に香りのよいヒノキのウッドチップを置いてみました。ペンギンさんの柄のポーチに入れて配置しています。ほのかに森の香りがして、リラックス効果を我々スタッフも感じています。木材ですから、花粉症の方も心配はいりません。

LINEで送る

ワクチン接種間隔が変更になります

10月1日から、ワクチン同士の接種間隔が変更になります。

今までは生ワクチン(ロタ、BCG、MR、水痘、おたふくかぜ)を接種した後は4週間他のワクチンは受けられない、不活化ワクチン(インフルエンザ、ヒブ、肺炎球菌、四種混合、B型肝炎、日本脳炎など)を接種した後は1週間他のワクチンは接種できないというルールでした。

それが、種類の違うワクチンなら、原則間隔を空けなくても接種できると一気に制限がなくなります。

例えば、今朝A病院でMR・水痘・おたふくかぜを接種して、午後にB病院でヒブを接種するとか、昨日保健センターでBCGを接種して、本日当院でB型肝炎を接種するなどが可能になります。

唯一の例外として「生ワクチンと生ワクチンの間のみ4週間空ける」というのだけ注意が必要ですが、当院での一般的なスケジュールでは生ワクチンを2回連続で接種することはありませんので特に心配は不要でしょう。

これにより、当院のようにインフルエンザワクチン枠と一般ワクチン枠が別になっている医療機関が最も恩恵を受けます。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンですので、前日や当日に他にどんなワクチンを接種していても接種が可能になり、またインフルエンザを接種した後、どんなワクチンでも接種することができます(ほとんどないと思いますが、生ワクチン⇒インフル⇒生ワクチンという時に、生ワクチン同士が4週以上空くのだけは注意)。

つまり、一般ワクチンとインフルエンザワクチンは、まるでお互い無関係な作業のように全く独立してスケジュールを立ててよいということです。

この変更を当院で把握する前にインフルエンザワクチンと一般ワクチンとのスケジュールの兼ね合いを相談して頂いた親御さんには、従来の間隔を空ける必要がある前提でのアドバイスをしていましたが、今後は難しく頭を悩ませる必要がなくなって、とても分かりやすくなりました。

これから予約をされる方は参考にして下さい。

LINEで送る

後期健診・一般ワクチンのネット予約について

2020年10月1日受診分より、後期健診・一般ワクチン予約もネットで事前予約をしていただく仕様になります。8月1日10時から予約手続きができるようになります。なおインフルエンザワクチンは9月1日10時からネット予約開始となります。

この日(10月1日)からロタワクチンも公費となり、0歳台で接種すべきワクチンが全て無料化されるため、全員の接種スケジュールが統一されるのを機に予約システムを変更させて頂くこととしました。ロタワクチンが無料になるのは2020年8月以降に出生した児です。

また、同時に10月1日からワクチン同士の間隔も従来のように生ワクチンなら4週間、不活化ワクチンなら1週間と空けなくてよくなりました。これにより、一般ワクチンとインフルエンザワクチンとのスケジュールの兼ね合いを調整する必要がなくなり、それぞれ無関係な独立した作業のように進めることが可能となりました。

予約は3日後~2か月後(62日後)まで可能ですが、「手続きした日の月齢」ではなく、来院当日の月齢が大事ですからよく確認をして下さい。ネットからのキャンセル、変更は5日前まで可能です。

後期健診は水曜日14時〜15時のみです。

ワクチン専用枠は火曜日14時〜15時(第5火曜日はなし。日によっては13時〜15時半のこともあり。)、金曜日14時〜15時、第1、3、5土曜日14時〜16時です。水曜日、金曜日は午後診察時間内にも少し枠を設けています。

土曜日は、院長以外の小児科専門医が担当し、健康相談、処方、鼻汁吸引などはできません。純粋にワクチン接種のみ行います。

ワクチンは3から番号を振っていますが、順調なら3から16まで順番にこなしていくことになります。イレギュラーな場合は18以降から選択して下さい。(運営の都合上、1や17など欠番があります。)

当院ではロタワクチンは2回接種のロタリックスを採用しています。ロタテックは接種できません。

下記のどれにも当てはまらない組み合わせの場合は電話でご相談下さい。

2  後期健診

注意点:無料。当日に0歳9か月から1歳未満であること。水曜日14時~15時のみとなります。市町村から配布されている後期健診票を必ず持参して下さい。なければ受診できません。一人あたりの時間を十分取るために枠がかなり限られておりますので、一杯の場合は他院で予約をお願いします。予約当日に来院できなかった場合は別の日の再予約はお断りさせて頂いております。園や学校などの健康診断はこの枠ではなく、診察時間内に対応します。

3  ロタリックス⑴、ヒブ⑴、肺炎球菌⑴、B型肝炎⑴

注意点:無料。赤ちゃんのワクチンデビュー!!当日が0歳2か月~0歳3か月未満であること。ロタリックスは生後15週未満で初回を接種する必要があるので、もし予約が一杯で0歳3か月を越えてしまう場合は確認がいりますから電話で連絡を下さい。(ロタワクチンが無料になるのは2020年8月以降に出生した児です。)

4  ロタリックス⑵、ヒブ⑵、肺炎球菌⑵、B型肝炎⑵、四種混合⑴

注意点:無料。0歳3か月を越えており、かつ前回から4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。ロタリックスは2回目で終了ですが、生後24週までに接種を完了する必要があります。(ロタワクチンが無料になるのは2020年8月以降に出生した児です。)

5  ヒブ⑶、肺炎球菌⑶、四種混合⑵

注意点:無料。前回から4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。

6  四種混合⑶、BCG 

注意点:薬液の準備、接種後の乾燥などの手順が他のワクチンより時間がかかり、枠をたくさん用意できないため、生後最初からのワクチン3回(3、4、5)全て当院で接種した児のみ、5の終了時に窓口で予約を受け付けています(ネットでは予約不可)。院内に1時間~1時間半ほどいて頂くことになります。そのため一般枠ではなく、火曜日~金曜日の朝8時半に専用枠を設定しています。

7  B型肝炎⑶

注意点:無料。B型肝炎⑴から20週以上経過しており、かつ四種混合(3)・BCGから4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。順調に進んでいれば0歳7か月~8か月頃になります。B型肝炎は3回目で終了で、今回で1歳までのワクチンは全て済みです。

8  MR⑴、水痘⑴、おたふくかぜ自費⑴

注意点:1歳になったらすぐ接種しましょう。MRと水痘は無料。おたふくかぜは自費で6350円必要ですが、必ず接種した方がよいです。子育て応援券も活用しましょう。おたふくかぜを希望されない場合は18または19を予約して下さい。

9  ヒブ⑷、肺炎球菌⑷

注意点:無料。ヒブ⑶から7か月以上経過しており、かつMR・水痘・おたふくかぜから4週間以上空いていること(同じ曜日でも可)。ヒブ、肺炎球菌は4回ずつで終了です。

10  水痘⑵、四種混合⑷

注意点:無料。標準的には水痘⑴から6か月以上経過しており(期限が迫っている場合などは最低3ヶ月以上空ければ可)、かつ四種混合⑶から1年以上経過していること。順調なら1歳半過ぎくらいになります。1歳7か月健診の際、これらを接種しているか確認しましょう。水痘は2回で、四種混合は4回で終了で、これで3歳までに接種すべきワクチンは全て済みです。3歳を越えると水痘は有料。7歳半を越えると四種混合は有料。

11   日本脳炎⑴ 

注意点:無料。1期初回1回目。3歳になったらすぐ接種しましょう。1期は計3回接種で、7歳半を越えると有料。

12  日本脳炎⑵   

注意点:無料。1期初回2回目。⑴から1週間以上空けると接種できるが、標準は3~4週以上空けて接種。

13  日本脳炎⑶

注意点:無料。1期追加。⑵から1年空けて接種。順調なら4歳台のはずです。7歳半の期限が迫っている場合などは6か月以上空ければ接種できます。

14  MR⑵、おたふくかぜ自費⑵

注意点:年長の学年で接種。MRは小学校入する4月になると有料になるので注意。おたふくかぜ2回目(6350円)も忘れずに一緒に接種しましょう。MR、おたふくかぜとも2回で終了で、これで小学校入学までに接種すべきワクチンが全て済みとなります。

15  日本脳炎⑷

注意点:無料。2期。9歳になったらすぐ接種しましょう。13歳になると有料になるので注意。日本脳炎は4回で終了です。

16  二種混合

注意点:無料。11歳以上13歳未満で接種ですが、忘れる子が多いので注意しましょう。二種混合は1回で終了です。2期の日本脳炎(9歳~13歳未満)の打ち忘れがある場合は同時接種の28を予約して下さい。

18  MR⑴、水痘⑴

注意点:無料。1歳から開始のワクチンの際、おたふくかぜ自費を希望されない方で最後に接種したヒブから7か月以上空いていない児はこのメニュー。

19  MR⑴、水痘⑴、ヒブ⑷、肺炎球菌⑷

注意点:無料。1歳から開始のワクチンの際、おたふくかぜ自費を希望されない方で最後に接種したヒブから7か月以上空いている児はこのメニュー。

20  MR

注意点:年長の学年の4月から3月末までの1年間に接種する場合は無料。1歳以上2歳未満で接種する1期や、この年長の2期を逃した方は有料になりますが、特に麻疹は命に関わる可能性が十分ある感染症ですから必ず計2回接種しましょう。

21  おたふくかぜ自費

注意点:6350円。2年以上空けて計2回接種しましょう。標準は1歳時と年長児で、MRと一緒に接種すると考えると分かりやすいでしょう。

22  水痘

注意点:3歳未満は無料。2回接種しましょう。3歳を越えて1回しか接種していない方も是非8400円の自費で2回目をお勧めいたします。1回目から6ヶ月以上空けて接種(最低3ヶ月以上空ければ可)。

23  B型肝炎(1歳以上で自費の児)

注意点:1歳を越えると自費になります。10歳未満 5250円/回、10歳以上 6350円/回。3回接種しましょう。低年齢で接種するほど抗体獲得が良好というデータがあります。

24  四種混合

注意点:7歳半まで無料。計4回接種。

25  MR⑵、日本脳炎

注意点:年長の学年で接種する無料MR⑵の際に、日本脳炎1期計3回接種が完了していない場合はこのメニュー。MRは小学校入学の4月になると有料、日本脳炎1期は7歳半を越えると有料。

26  MR⑵、おたふくかぜ自費⑴

注意点:年長の学年で接種する無料MR⑵の際に、おたふくかぜ接種開始を希望される方はこのメニュー。おたふくかぜは自費で6350円。

27  MR⑵、日本脳炎、おたふくかぜ自費

注意点:26にさらに日本脳炎1期計3回接種が完了していない場合はこのメニュー。MRは小学校入学の4月になると有料、日本脳炎1期は7歳半を越えると有料。

28  二種混合、日本脳炎

注意点:11歳以上13歳未満で接種する二種混合の際、日本脳炎2期が未接種の場合はこのメニュー。無料。

LINEで送る

受診に際して

感染対策を限られた人員、物品で試行錯誤しています。
そのため日々受診の際のお願い事項が変更している可能性があります。
お知らせを必ず確認して下さい。
また、窓やドアを開け放っているので、少々冷えますから、暖かい上着などお忘れなく。

LINEで送る

コロナウイルス

情報がまだまだ不足しており、同時に錯綜もしています。

3月上旬からコロナウイルスのPCR検査が保険適応になるという話も出ています。

①当院でもネット上の公式情報以上のものは持っておりませんので、電話でコロナ一般の質問は控えてください。匿名の情報には決して惑わされず、政府や学会、医師会発信の情報のみ参照して下さい。ネットで十分調べた上で、検査の適応になるかもしれないと思った場合は当院ではなく保健所に相談して下さい。

②レントゲン設備や入院設備のない当院は、そもそも肺炎例や重症例の最終到達施設ではないので、コロナ検査をする役割を任されることはないでしょう。また、当院が選択している保険請求の方式からも検査の保険点数的に不可能です。つまり、当院では検査できません。

③政府が小児に家にいることを推奨している学校休校期間中のみ喘息薬、便秘薬、アトピー薬に関して症状が完全に安定している場合は親御さんのみの受診で処方を行う方式とします。

★令和2年3月1日記載       今後の情報に合わせて内容は更新される可能性があります。

LINEで送る

2種混合ワクチン

工場での生産、供給が滞っていた2種混合ワクチンですが、このたび供給が戻る旨の報告がありましたので、予約受付を再開いたします。

11歳〜13歳未満ですので、年齢の迫っているお子さんはお忘れなく。

LINEで送る

医者という仕事その8 オトナの勉学の勧め①

どの職業にも目に見えない仕事というものがあります。

医者という職業では、時間外に勉強に励み続けるべしという責務がそれに当たると思います。

この10年ほどでインターネットを通じて、世界中の情報や研究が即座に手に入るようになりました。

これは世界全体の医学レベルの進歩を飛躍的にスピードアップさせましたが、同時に医者が勉強するべき事柄が日々増え続けていることを意味しています。

大変ですね、と言われるとそうとも言えるようなそうでもないような。

私を含めほとんどの医師は勉強がなんやかんや言っても好きなので、あまりしんどそうにしている人は知りません。

新しいことを知りたいという欲求が強いので、医学以外にも色々手を出していることも多いようです。

実際、私も医学部にいた大学生時代よりも卒業してからの方が圧倒的に勉強量は多いというのが実感です(医学以外にも)。

それでも中々やる気が湧かない日もあります。

さて、もう数時間で新年を迎えるにあたり、「来年こそは〜をやるぞ」と意気込んでいる方も少なくないでしょうから、オトナの勉強のやり方というのを僭越ながらお話してみたいと思います。

LINEで送る

電話での相談について


診療時間内の医学的な問い合わせの電話が途切れなく続き、受付業務、看護業務が寸断される状況が加速しています。

医師や看護師と直接話をできるということが、わざわざ病院に受診して頂く目的であるわけですが、電話が院内の患者さんの対応に割り込んでくる実情のため、目の前の患者さんへの対応能力が落ちることにつながっています。

今後、医学的な質問(♯8000的な)には電話ではお答えは致しません。看護師にも電話は交代いたしません。

例  今朝からの熱が〜、ノロ胃腸炎の時の対応は〜、発疹が昨日からあって〜、受診した方がよいかなど。

ブログなどを参照頂き、必要な方は医療機関の受診をお願い申し上げます(当院がキャパシティオーバーの際は誠に申し訳ありませんが他院を受診下さい。)

例外として一週間以内に当院を受診している児、喘息の定期薬を毎月当院で処方している児に関しては受付が要件をお聞きする場合がございます。

クリニックとしては初心に戻り、受診して頂いた方へ万全の態勢で医療を提供できるよう全力を尽くして参ります。

LINEで送る

索引

熱・解熱剤

2013年2月(熱の意義、解熱剤の使い方)、2014年7月(熱の時のクーリング、冷却シート)

鼻水・かぜ

2012年11月(鼻水との戦い、かぜとは)、2014年10月(咳止めテープ、風邪で病院に行く理由)、2015年2月(クループ)、2015年6月(風邪のイメージ~台風になぞらえて)

インフルエンザ

2014年1月

嘔吐・下痢・ノロウイルス

2013年12月(イメージ、対策)、2014年11月(ノロ~登園の基準を中心に)、2015年10月(受診の目安)

予防接種

2012年12月(意義、スケジュール)、2014年5月(同時接種、タイミング)、2014年9月(インフルエンザワクチン)、2015年11月(より良く生きるためには)

救急の上手な受診の仕方、登園許可証

2014年12月(救急受診の目安)、2015年6月(登園・登校許可証)

免疫・アレルギー

2013年10月2013年11月(免疫とは、アレルギーとは)、2014年8月(アレルギー検査)

溶連菌

2013年1月

川崎病

2015年3月

LINEで送る