カテゴリー別アーカイブ: 日記

季節は廻る

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

大阪、兵庫、京都の3府県で緊急事態宣言が解除されましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか 先週の土曜日は、以前ほどではありませんが、お買い物などを楽しむ人の姿が、街の中に戻ってきていました。

外出自粛の間に感じていたのは、人間がウイルスに振り回されている間でも、やはり季節は廻っているということ。春になれば桜は咲き、つつじが咲き、燕も巣作りを始め、太陽もずいぶんと高くなりました 私のお家のベランダでも、いつものように鳩がやってきます(うんこしようとする鳩と、そうさせまいとする朝の戦いです)。変わることなく過ぎていく日々。今のこの状況は、歴史の一説になるであろう出来事だと思います。来年か再来年か、もっと先になるのか分かりませんが、「あの時は大変だったね~」なんて話せる時が早くやってきてほしいなと思います。

燕の巣 ←この光景、可愛くて大好きです

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の告発で注目を集めた、神戸大学感染症内科の岩田健太郎医師が、「病院の待ち時間が長い根本原因」として新書から一部抜粋したものがインターネットで紹介されていて、興味深く拝読しました。

冒頭にはこんな一説が・・・。

「新型コロナ対策として、実際にコロナかどうかに限らず風邪をひいたらすぐに休むことが大切です。自分がまず休むこと、そして家族や同僚が風邪をひいたらちゃんと休ませてあげることが大切ですが、そのためには、『休むことができるシステム』を整備しないといけない。それは工夫すれば容易にできることなんですが、日本の社会では、工夫することそのものが悪とされることがある。」

そして、日本の病院には無駄が多いとも書かれています。

この度のコロナ禍で、医療機関の外来患者数が減少していて、これはクリニックも同様なのですが、逆に言うと、それだけ受診を減らせることができるのだと私も感じていました。定期的に通院が必要な治療もありますから、一概に無駄だとは言えませんが・・・。難しい問題ですね

投薬方法などは、患者さまの中で「もっと薬を出してほしい」と思った経験があると思います。3月4月は自粛要請を鑑み、長期に処方をさせていただきましたが、基本的には「医師が処方する投薬量については、予見することができる必要期間に従ったもの」で、長期の投薬についてもいくつかの条件があります。私たちは診察の中で、こういった様々なことを逸脱することなく行っているわけですが、日本の医療を見直す時期に来ているのかもしれませんね。新しいことに柔軟に対応できるよう、これまでの常識にとらわれることなく、私自身の頭も柔らかくしておかなければと思います。

今月より自由診療も再開しています。若干診察スケジュールが変わっていますが、診療を中断されている方は是非ご連絡くださいませ

お待ちしています ←待ってま~す

 

 


休日は何をしていますか?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

緊急事態宣言の延長を受け、大阪府は休業要請などを段階的に解除していく独自の判断基準「大阪モデル」公表しました。この「大阪モデル」、自粛要請を解除するかどうかの判断をする3つの「警戒基準」を設定しています。

  ▽感染経路がわからない患者が10人未満であること
  ▽PCR検査をした人数に対する陽性者の割合である陽性率が7%未満であること
  ▽重症者用のベッドの使用率が60%未満であること。
この3つの項目が7日間連続で満たされれば、自粛要請を段階的に解除していく方針で、今月15日に最初の判断が行われます。

すでに皆さま、ご存知ですよね 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された4月7日以降、連日テレビ出演している吉村知事。その発信力、すっかり全国区になっていますね。当面は、私も引き続き外出自粛を継続していきたいと思っています

さて、今日は母の日 皆さまはどんな一日をお過ごしでしょうか

実家の母と、お世話になっている方へお花を贈るのが毎年の恒例ですが、今日も朝からありがとうのメッセージをいただき、無事に受け取っていただけたとホッとしています。

今年の母の日 ←今年はフラワーソープを贈りました

このご時世なのか、お花を贈らせていただく方がいるというのは、本当に幸せなことなのだとしみじみ感じています。すべてのお母さんが、いつまでも元気で幸せに過ごせますように。たくさんの感謝の気持ちを込めて

私の休日・・・

手づくりマスク サシェ ←縫い物ばかりしていました

四角いのはサシェ(匂い袋)です。北海道旅行でラベンダーをたくさん購入したので、作ってみました。これも手縫いなので、アップで見ないでぇぇぇ

ホットケーキ オートミールクッキー ←お菓子作り

ホットケーキとオートミールクッキー。私ホットケーキを焼くのが得意で、私のお家にお泊りした朝はこれがでます。オートミールは食物繊維が豊富で、ミネラルやビタミンBも含まれています。これだと罪悪感もないかな・・・と。うふふ

 


不安な心

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されてから、一週間余りとなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか

私は相変わらず、お仕事以外の日はお家に引きこもっています。お家が大好きな私でも、お外に出てはいけないと思うと、何だか息苦しい感じがしています

東京都の小池知事が「ステイホーム週間」として、外出を控える呼びかけをしましたが、お家にいることで感染拡大防止に協力できるのであれば、できるだけ引きこもりに徹したいと思います

世界各国で、新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者が、偏見や風評被害に苦しんでいるというニュースを拝見して、とても悲しい気持ちになりました。同時に、外出自粛に伴って欠かせない存在となっている宅配便の配達員にも、不当な罵声を浴びせられたり、消毒用スプレーをかけられたりということがあるとか。

世界中の人々が、これまで経験したことのないウイルスにさらされているのですから、大きな不安を抱えるのは当然のことだと思います。しかし、危険を覚悟の上で医療に携わっている方や、自宅に生活必需品を届けて下さる配達員の方が、差別的な扱いを受けることは決してあってはならないことです。また、今まさに治療を受けられている患者さまや、それを支えるご家族の方にも、いわれのない差別や偏見の目が向けられることも、あってはなりません。日々懸命に努力されている方たちに、私たちは感謝の気持ちを忘れてはならないと思います。

その一方で、最前線で働く医療従事者などへ、感謝の気持ちを伝える動きや支援なども広がっていて、ほんわりと心が温かくなります 私たちは、新型コロナウイルス感染症の治療を行ってはいませんが、それでも窓口で労いや感謝の言葉をいただくことがあります。とてもうれしく感じています。

私たちが抱えている不安は、冷静な判断力を奪ってしまいます。こういう時だからこそ、自分の心の状態を見つめ、不確かな情報にとびつかないこと、不安な気持ちを一人で抱え込まないことが大切です。皆が心を一つにして、難局を乗り越えていきましょうね

心をひとつに ←心を一つに

 


緊急事態宣言

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

新型コロナウイルスの急速な拡大を受けて、4月7日に改正特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。大阪府を含む7都道府県が対象で、期間は4月7日から5月6日までの約1ヶ月間です。これを踏まえ、大阪府の吉村知事は「外出の自粛」と「イベント開催の自粛」を府民に要請しています。

HPのお知らせにも掲載しておりますが、クリニックでも一部診察のスケジュールを変更しています。皆さまには大変なご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご協力下さいますようお願い申し上げます。

医療機関では、新型コロナウイルスに対する診察だけを行っているわけではありません。私たちは皮膚科・形成外科の診察を行っていて、一見すると緊急を要することは少ないと思われるかもしれません。それでも、脱毛が急激に進んで不安に感じていらっしゃる方、身体が痒くて仕方がない方、ケガや熱傷を起こした方等、様々な患者さまにできる範囲で診察を継続したいと思っております。ただ、スタッフや医師の中には基礎疾患を持っていたり、他府県から移動して出勤しているスタッフもいます。また、待合室が狭いこともあり、「三つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)」を避けることも難しいと考えております。

毎朝、各自が体温を測り、出勤してからはうがい手洗いの他、換気、診察前・診察後(午前診と午後診)の清掃等、私たちにできることで対応しております。

今後、もしかしたら休診を選択することもあるかもしれませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

こういう時に頭に浮かぶのは、「神様は乗り越えられない試練は与えない」という言葉です

マザー・テレサがよく口にされていた言葉で、TVドラマ「JIN~仁」でも出てきた台詞です。この言葉は口語新約聖書にある「コリント人への第一の手紙第10章13節」に由来するもので「神は真実な方ですから、あなたがたを耐えられないほどの試練に会わせることはありません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます」の引用です。とても印象に残る言葉ですよね

お休みの日はお家で引きこもリーヌになっている私は、読書を楽しんでいます。最近読んだのはこの本。“ヒック”のフォトエッセイ。

ヒック ←しあわせはノラネコが連れてくる

タイトルと可愛い写真に惹かれ購入 アラサー、独身、定職なし。大学を卒業したものの定職に就けず、やりたいことも見つからず、親からのプレッシャーも日に日に増すばかり・・・。息苦しい毎日から逃げるようにやって来た済州島で白いノラネコに出会い、交流していくうちに、筆者の人生が動き出す。韓国語で「ぼんやりと白い」という意味の「ヒックムレハダ」から連想して“ヒック”と命名。ヒックと「家族になる」ことを決意し、自立するべく奮闘し、自分なりのやり方で幸せを見つけていく、心温まるエッセイ・ノンフィクション。癒されました~(亡くなったうちのむさちゃんによく似てるんですよね~)

2011年5月9日0000 ←むさちゃんは、父と新聞を読むのが日課でした

2011年5月9日0002 ←すぐに飽きるんですけどね~


新型コロナウイルスって何者?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

東京都の小池百合子知事が新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、週末の不要不急の外出自粛を要請しました。これに伴って、大阪府の吉村洋文知事は28日と29日の2日間、東京への行き来を含め不要不急の外出を控えるよう呼びかけました。

この週末、皆さまはどのように過ごされましたか

このブログを書いている日曜日、私は一歩も外に出ていません。そう、ずばり引きこもリーヌ。外出自粛要請もありますが、私は時々お休みの日に外に出ず、お家にあるものでお料理をして過ごすというチャレンジをしています 冷凍していたお肉を解凍したり、缶詰を使ったり、乾物を戻したり。食材は意外にお家の中にたくさんあるものです。もともと購入した食材を腐らせることなく、使い切りたいという思いで始めました。冷蔵庫に食材を詰め込んでしまうと、奥の方からうっかり忘れていた食材が出てきたりして、「またやってしまった・・・」とガックリするので、お買物は冷蔵庫がすっからかんになってから。最近はそんな風に心掛けて過ごしています。

毎日報道されている新型コロナウイルス。コロナウイルスはごくありふれたウイルスです。風邪の原因ウイルスは数種類ありますが、私たちが日常的にかかる風邪の10~15%はコロナウイルスによって引き起こされています。最初に発見されたのは1960年代ですが、すべてのコロナウイルスの共通祖先は紀元前8000年には存在していたと考えられています。以来、姿を変えてさまざまな動物の体に潜り込んで、進化・普及してきました。コロナウイルスは、風邪症候群の4種類と動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られていて、感染者を死に至らしめる可能性のあるコロナウイルスは、2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)、2012年MERS(中東呼吸器症候群)、そして今回です。

コロナウイルス ←光冠・花冠を意味するコロナウイルス

約 20 万年前にアフリカで誕生した私たちの祖先は、数多くの病原体と戦いながら世界各地に進化していきました。そして、人間がワクチンや新薬などを作り出せば、ウイルス側は変幻自在に変異して、獲得した免疫をかいくぐり、薬剤に耐性をもつウイルスへと変異します。人類の歴史は 20 万年ですが、ウイルスを含む微生物は 40 億年を生き抜いています。ウイルスって強者ですよね

今回のウイルスの致死率は数%程と見られていて、大流行を起こしたほかの感染症に比べると毒性は低めです。ただ、低いだけに感染力は強力です。ワクチンの開発にも18ヶ月要するとの見通しもあります。感染力の強い感染症は誰でも怖いです。過剰反応を起こすことも避けられません。

でも、私たちにできることを冷静にひとつひとつ積み重ねていくことが、感染の拡大を抑え、重症になるリスクの高い人の命を守ることにつながるのだと思います。

 


「多分そいつ、今頃パフェとか食ってるよ」

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

新型コロナウイルス感染爆発に備えた、新型インフルエンザ対策特別措置法の改正案成立を受けて、14日に安倍首相の記者会見が開かれました。

現時点において感染数の数は増加傾向にあるものの、そのスピードが抑えられているとし、緊急事態宣言をする状況ではないとの認識を示しました。WHO(世界保健機構)が今週、パンデミックを宣言しましたが、人口1万人当たりの感染者数を比べると、日本は0.06人にとどまっています。

皆さまも記者会見、ご覧になりましたか

まだまだ終息の見通しは立たないものの、私たちは今まで実施してきた手洗いなどの予防対策を継続していくことが大切ですね。さて、今回は私が現在読んでいる本をご紹介しますね

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。    ←「多分そいつ、今頃パフェとか食ってるよ。」

この本は、イラストレーターのJamさんが漫画・文を担当し、精神科医の名越康文さんが監修したものです。

SNS・会社・友人など日常の中で抱えがちな人間関係に関する悩みを解決する「考え方」のヒントを、可愛らしいネコが主役の4コマ漫画とともに紹介されています。

この方、すごく悩みが多い方だったようで、生活の中で起こる様々な理不尽や嫌なことに対して、考えても無駄と分かっていても、なかなか頭から離れずモヤモヤを引きずっていたところに、友人から言われた一言が、この本のタイトルにもなっている「多分そいつ、今頃パフェとか食ってるよ。」嫌な相手のためにどんなに真剣になっても、自分が気にした分だけ、相手も真剣に自分のことを気にしてくれるわけじゃないんだと、ハッとしたと書かれています。真剣になるのは、自分にとって本当に大事なことの為だけでいい、恋するように寝ても覚めても、嫌な相手のことを考える必要はない。そんな風に「自分の考え方をほんのちょっと変える」ことで、気持ちにゆとりを持つ方法がたくさん提案されています。

可愛いイラストで読みやすく、その上少しほっこりできます Jamさんは素敵な友人をお持ちなのだなぁと思いました。

そして、このガーゼマスク。

ガーゼマスク ←可愛いでしょ

これはマスク不足が続いている中、友人が手づくりしてくれたものです。友人の医療機関でもマスク不足は深刻で、スタッフのためにこれから作るのだと話してくれました。私よりも忙しいのに・・・。ありがとう。本当にうれしい

こんな可愛いマスクなら、新型コロナウイルスも逃げていきそうです。

マスクで防御 ←これは少しオーバーかな


CDトレチノイン

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

私のマンション、毎朝ベランダに鳩がやってきて、うんこするんですよ ホントに困ります。先日などは、ベランダの手すりにまで。しかも下痢。いったい何食べてんねん 朝は「鳩がやってくる」→「私追い返す」→「鳩逃げて、隣のビルからこっちを見る」→「私叫ぶ」のくり返し。鳩に向かって「こっちに来たらあかん~って叫ぶ私は、きっと隣人からは危ない人だと思われてるんでしょうね。でもこの戦い、鳩が諦めるまで負けませんよ。エイエイオー

 

 ←こんなことになったら最悪

さて、これまでも取り扱っていた「CDトレチノイン」ですが、改めてその治療薬の効果を実感しています。CDトレチノインは、大阪大学美容医療寄附講座常盤薬品工業が共同開発したレチノイン酸(トレチノイン)の誘導体で、シクロデキストリン包接トレチノインの略称です。

余分な角質を除去し、皮膚のターンオーバーを促進させる働きがあるため、シミ・しわ・たるみの改善が期待できます。従来のトレチノインより低刺激ではありますが、かさつき、発赤、皮剥けなどの副反応は出ます。その副反応をコエンザイムQ10エッセンスでコントロールするのですが、このエッセンスが中々いいのですよ 今は一皮剥けて全体的にお肌がつるりとしてきたので、CDトレチノインはお休みして、コエンザイムQ10エッセンスでケアをしています。HPでも掲載するべく、現在作成中です。ご興味のある方は、スタッフまでお声がけくださいね。

連日、TVをつければ新型コロナウイルスの話題で、何だか気分も沈んできますね クリニックではすでにマスクの入手が困難となり、先週からは消毒用エタノールが入手できなくなりました。手術の際にはマスクを、採血の際はエタノールを使用しているので、鳩のうんこ同様に困ったものです(うんこと一緒にしてはダメですね←うんこ連発。スミマセン

マスク 採血 ←マスクもエタノールも必需品

終息の糸口が見えない中、不安を感じている方はたくさんいらっしゃると思いますが、必要な方に必要なものが届けられるようになってほしいです。

ちなみにコンサートなど多くのイベントが中止を発表しましたが、宝塚歌劇団も然り。公演中止が発表されました。星組公演は、まこっちゃんと瞳ちゃんのトップお披露目公演だったので、とっても残念 今月末は花組公演「はいからさんが通る」を観劇予定の私。この公演も光ちゃんのトップお披露目公演 

コロナさん、早く終息して~

はいからさんが通る ←光ちゃん、観劇に行きますからね~


国家試験

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、皆さま色々なご不安をお持ちだと思います。厚生労働省は、現在、流行が認められている状況ではないとしつつも、風邪や季節性インフルエンザ同様、咳エチケットや手洗いを推奨しています。

立春も過ぎ、三寒四温の今日この頃です。体調を崩しやすい季節でもありますから、人混みや繁華街への外出を控え、健康管理に努めましょうね。

三寒四温 ←明日から寒くなりそうですよ

そして、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方にお悔やみ申し上げます。新型肺炎が早く終息しますように

さて、本日2020年2月16日は、第109回看護師国家試験でした。懐かしい~

国家試験のこと、とくに前日の夜のことはよく覚えています。試験会場に近い友人のお家にお泊まりさせてもらったのですが、教務の先生から前日は早く休むように言われていたにもかかわらず、不安で不安で教科書を読み漁っていた私・・・。緊張で眠れず、翌朝「全然眠れなかったわ~」と友人に話したら、一言

「アンタよう寝てたで~」

ガビョーン 自分では本当に眠れなかったんだけどな~

試験会場はたくさんの人でしたし、皆賢そうに見えて、同期の友人たちに会うまではドキドキでした。試験が終わってからのこと、合格発表の日、免許証をいただいた時のこと、初めてのことだらけで、鮮明に覚えています

今頃は試験が終わって、ホッとしているかな 学生の皆さま、お疲れ様でした

国家試験会場 ←緊張したなぁ~(今試験受けたら、絶対落ちます)

2月はその学生時代の友人と、毎年お誕生日会をします。皆今月がお誕生日なのです(ちなみにハマ子さんもお誕生日です)。今年は一人お熱を出して来られなかったのですが、体調が回復したら改めてお食事会をする予定です。卒業して何年も経つのに、こうして元気で会えることも本当にうれしいことです。(あ。何十年もかな

今年ご卒業されるすべての皆さまに、幸多からんことを願っています。

卒業式 ←ご卒業おめでとうございます

 

 


節分

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

明日は2/3、節分です。節分は本来、「季節を分ける」つまりは「季節の変わり目(節目)」のことを意味し、「立春・立夏・立秋・立冬」の前日を指すもので、1年に4回あったそうです。

その中でも、厳しい冬の季節を乗り越えた後の「立春は、1年の始まりとして特に尊ばれ、旧暦で年があらたまる重要な日にあたっていたため、次第に「節分」といえば「立春」の前日のみを指すようになりました。

節分と言えば豆まきですが、昔は季節の変わり目に「邪気」が入りやすいと考えられていて、この豆まきが一役買っています

旧暦では立春の頃に新年の始まりである元旦がやってきていたため、立春の前日である「節分」は「大晦日」にあたり、1年の中でも最も重要な節目でした。

その大晦日に当たる節分には、古代中国で旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」という鬼を追い払う邪気祓いの行事が行われていて、これが奈良時代に日本に伝わったとされています。

節分 鬼は外 福は内

もうひとつ、節分といえば「恵方巻」。節分に「太巻き(巻き寿司)」を食べる習慣が大阪を中心に広がりましたが、1年の災いを払う厄払いの行事として、今も受け継がれています。巻き寿司は、「福を巻き込む」にも通じ、縁起が良いとされています

その時の恵方(縁起の良い方角)に向かって、食べ終わるまで何もしゃべらず、切らずに1本食べきると、夢がかない、1年を無病息災で過ごせるといわれています(皆さま、ご存知ですよね)。

恵方巻 皆さま、巻き寿司の準備はOK

今日ヨガの先生から、「節分お化け」のことを聞きました。

京都では、舞妓さんや芸妓さんたちが様々な扮装をする「節分お化け」のイベントが、花街の粋な遊びの一つとして、伝え継がれているようです。節分の夜に行われる厄払いの儀式で、日本版ハロウインといった感じでしょうか。

この儀式、老婆が少女の髪型である桃割にしたり、逆に少女が成人女性の髪型である島田に髪を結ったりと、「普段と違う姿」をすることによって、節分の夜に跋扈する鬼をやり過ごすための風習だったようです。

知らなかった~ 初めて聞きました。お座敷からお座敷へと、扮装した舞妓さんや芸妓さんに遭遇できる節分の夜  何とも風流な遊びですね

節分お化け   節分お化け2   「こんばんは~ おばけどすぅ~

今年2020年の恵方は「西南西やや西」です


生かされている命に感謝

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

6434人の犠牲者を出した阪神・淡路大震災から25年が経ちました。記憶や教訓を継承する取り組みとして、特別番組が各局で放送されました。あの日の映像は、25年たった今でも胸を締め付けられます。

私たちは、生かされている命に感謝し、毎日を豊かで潤いのあるものに変えていかなくてはいけませんね。

今年の1/17、皆さまはどうお過ごしになりましたか

さて、久しぶりにビューティーの話題です。クリニックに新しい日焼け止めが入りました。

アクセーヌ スーパーサンシールド ブライトフィット  ←アクセーヌ

試供品をいただいて試したところ、これが素晴らしくいいんです 早速担当者の方にお願いして、クリニックへ仲間入りとなりました。

素肌そのものを美しく仕上げてくれるのに、汗に強く、簡単に落とせる。しかも、SPF50+(PA++++)と、紫外線からお肌をしっかりと守ってくれる。

以前にもお伝えしましたが、お肌は潤いやハリ、なめらかさがあってこそ。女性ならではの艶やかなお肌を味方につけていただきたいと思います。

健康で美しいお肌を、今年も探求していきましょうね

おまけ

今年のトキメキの幕開けは雪組公演でした

雪組公演 ←ワンス アポン ア タイム イン アメリカ

めっちゃカッコよかった~ 皆さま、この舞台必見ですぞ

そして、花組公演へ・・・

マスカレードホテル ←マスカレードホテル

千秋楽に観劇しましたので、アキラさんのご挨拶がありました。アキラさん、前に出過ぎて幕が閉じないというアクシデントがあり、観客は大爆笑で、何度もカーテンコールがありました。とっても楽しかった~ 幸せ~